add system article
authorNIIBE Yutaka <gniibe@fsij.org>
Thu, 29 May 2014 04:34:13 +0000 (13:34 +0900)
committerNIIBE Yutaka <gniibe@fsij.org>
Thu, 29 May 2014 04:34:13 +0000 (13:34 +0900)
content/system/web-services/pelican-usage-fsij.rst [new file with mode: 0644]

diff --git a/content/system/web-services/pelican-usage-fsij.rst b/content/system/web-services/pelican-usage-fsij.rst
new file mode 100644 (file)
index 0000000..be026ee
--- /dev/null
@@ -0,0 +1,53 @@
+FSIJサイトでの pelican の使い方について
+******************************************
+:slug: system/web-services/pelican-usage-fsij
+:date: 2014-05-29
+:category: system
+
+
+本サイトのソースにおける pelican の使い方について説明します。
+
+ディレクトリ構成
+====================
+
+「固定のページ」と「記事」の二種類があります。 
+「固定のページ」は左のメニューにリストされます。
+「記事」は新しい順に列挙されます。
+
+::
+
+    content/
+           extra/ ページや記事以外のものの置き場所
+          images/ 画像の置き場所
+          static/ ファイルなどの置き場所
+
+           pages/ 固定のページ
+           pages/gnuk/ 固定のページで Gnuk のカテゴリ
+           pages/monthly-meetings/ 固定のページで月例会のカテゴリ
+           pages/news/ 固定のページ、 News
+           pages/system/ 固定のページ、システム関連
+           gnuk/ Gnukの記事
+           monthly-meetings/ 月例会の記事
+           news/ News の記事
+           system/ システム関連の記事
+
+    plugins/ プラグインで pelican の動作を拡張
+    theme/ CSS と Jinga2 の template で見栄えを変更できます
+    
+    output/ <---- HTML の出力先
+
+
+timestampに注意
+==================
+
+timestampは保持される情報ではない、ということに注意する。
+
+Gitを使う場合はファイルのtimestampのメタ情報はリポジトリ内にデータとして記録されず、
+操作をした結果としてローカルなファイルシステムでtimestampが変わる。
+異なる場所でGitから取得して操作する場合、それらのtimestampは同じわけではない。
+
+また、staticなHTMLを生成するという運用では、生成した時点のtimestampがつく。
+
+timestampに依拠した運用はしない。timestampは気にしない、ということを覚えておく。
+
+ファイルの履歴を追うのは Git の履歴で確認します。