Add monthly-meeting articles. master
authorNIIBE Yutaka <gniibe@fsij.org>
Thu, 14 Nov 2019 01:48:34 +0000 (10:48 +0900)
committerNIIBE Yutaka <gniibe@fsij.org>
Thu, 14 Nov 2019 01:48:34 +0000 (10:48 +0900)
Signed-off-by: NIIBE Yutaka <gniibe@fsij.org>
content/monthly-meetings/2019/Nov.rst [new file with mode: 0644]
content/monthly-meetings/2019/Oct.rst [new file with mode: 0644]

diff --git a/content/monthly-meetings/2019/Nov.rst b/content/monthly-meetings/2019/Nov.rst
new file mode 100644 (file)
index 0000000..8697d84
--- /dev/null
@@ -0,0 +1,43 @@
+11月の技術講座
+********************************
+:slug: monthly-meetings/2019/Nov
+:date: 2019-11-14
+:category: monthly-meetings
+
+テーマ: GD32VF103: The RISC-V MCU
+===========================================================
+開催日時 2019年11月26日(火曜日) 17:30 〜 18:30
+
+:場所: 秋葉原
+
+概要
+===============
+
+今年は GD32 **V** F103 という製品がでました。V がついてます。
+
+中国Giga Device社の製品です。
+
+2018年、Giga Device社の GD32F103TB を使って、FST-01SZ を作りましたが、この方面での進歩はやみません。
+
+GD32VF103はピンコンパチブルですが、core が違います。Bumblebee と名付けられた RISC-V 32 IMAC の core が用いられています。
+Bumblebeeは台湾Andes Technology 社と中国 Nuclei System Technology (芯来科技)の共同開
+発のようです。
+
+Sipeed社の board, Longan nano に乗っている GD32VF103 を Chopstx で動かします。
+
+
+話題提供
+===============
+
+g新部 裕 
+
+参考リンク
+====================
+
+* https://git.gniibe.org/gitweb/?p=chopstx/chopstx.git;a=shortlog;h=refs/heads/riscv
+* https://www.riscv-mcu.com/
+* https://github.com/riscv-mcu/gd32-dfu-utils
+* https://github.com/riscv-mcu/riscv-openocd
+* https://github.com/nucleisys/Bumblebee_Core_Doc
+* https://github.com/riscv-mcu/GD32VF103_Firmware_Library
+* https://github.com/riscv/riscv-fast-interrupt/blob/master/clic.adoc
diff --git a/content/monthly-meetings/2019/Oct.rst b/content/monthly-meetings/2019/Oct.rst
new file mode 100644 (file)
index 0000000..a36bc86
--- /dev/null
@@ -0,0 +1,110 @@
+10月の技術講座
+***********************
+:slug: monthly-meetings/2019/Oct
+:date: 2019-10-22
+:category: monthly-meetings
+
+
+テーマ: RMS先生 FSF 代表辞任のその後
+==============================================================================
+開催日時 2019年10月26日(土曜日)14:00 ~ 15:00 (だいたい)
+
+:場所: ネットワーク開催
+
+Mumble と Etherpad でリモート開催です。
+
+
+概要
+==================
+
+RMS先生がFSFの代表を辞任しました。FSFとGNUプロジェクトについて情報を持ち寄り、わたくしたちの活動について話し合います。
+
+
+
+リンク
+==================
+
+FSFの代表辞任の動きの発端。Software Freedom Conservancy の声明:
+https://sfconservancy.org/news/2019/sep/16/rms-does-not-speak-for-us/
+
+いろいろ意見を出す人。たとえばこちら:
+https://elephly.net/posts/2019-09-17-rms-gnu.html
+
+10月に入って、GNUプロジェクトのリーダーは続けますとRMS先生から表明:
+https://lists.gnu.org/archive/html/info-gnu/2019-10/msg00004.html
+
+これと前後して、GNUプロジェクトについてメンテナーの共同声明:
+https://guix.gnu.org/blog/2019/joint-statement-on-the-gnu-project/
+
+RMS先生は Chief GNUisanceのままという説明を自身のサイトに掲げました:
+https://www.stallman.org/
+
+共同声明を書いたひとりのブログの意見:
+https://wingolog.org/archives/2019/10/08/thoughts-on-rms-and-gnu
+
+Guixのメーリングリストでのやりとり:
+https://lists.gnu.org/archive/html/guix-devel/2019-10/threads.html
+
+共同声明に反対する動き:
+https://www.change.org/p/the-gnu-project-action-proposal-to-joint-statement-on-the-gnu-project-485e8f9a-1505-40c0-89b4-582a4f0e8288
+
+共同声明に反対する動きもうひとつ:
+https://gnu.support/richard-stallman/Ludovic-Court%C3%A8s-Guix-is-accusing-Stallman-of-Thoughtcrime-on-his-own-domain-GNU-org.html
+
+FSFでも意見募集:
+https://www.fsf.org/news/fsf-and-gnu
+
+Software Freedom Conservancyの最初の動きに反対:
+https://fsforce.noblogs.org/
+
+8月に戻しましょうの動き:
+https://backtotheaugust.org/
+
+.. EtherPadのログ
+
+     小判をもらっていたのにすぐには辞任しなかった会社の社長とか。ありますけれども。
+     FSFは現在では主な収入が会員からなので、政治的にふさわしくない、となると、厳しいところがあるのかも。
+
+     FSFの成り立ちについて
+     - GNUプロジェクトが先、後にソフトウェアの配布を主な仕事としてFSFが作られる
+     - テープでの配布、90年代に入ってCD-ROMでの配布
+     - ネットワークでのダウンロードが主になり、この形態は下火に
+     - 一時期、ワークステーションにインストールするディストリビューションのようなのを模索
+     - 配布が下火になり FSF は収入を確保するのが難しく
+     - 2000年のあたりで Ravi さんが賛助会員制度を作る
+      - 最初は企業の寄付の仕組み
+      - 後に個人が賛助会員として参加する仕組み
+      - 2001-2005 Bradley Kuhn さんが Exective Director
+      - それで
+        - GPL Compliance Lab
+        - End Software Patent
+        - Defective by Design (anti-DRM)
+        - Respect Your Freedom
+        - h-node
+     などなどのキャンペーンを進める
+     - 年に一度 libreplanet を開催
+     - そういう感じで今ではほぼ会員によって支えられるPRのNPO
+
+     gniibe個人的には思うに
+     - CoC とかアンチハラスメントに乗っかって
+       - 別の運動、たとえばエルジービーティーとか技術における女性とかジェンダーの問題とか
+       - を展開する動きが一部で広まって
+       - それはどうなんでしょう。
+     - GNUプロジェクト、または自由ソフトウェア運動は、それ自身としては
+       apolitical ノンポリではなくて、ソフトウェアの自由のために政治的な動きはある
+     - けれども、他の運動がその場を乗っとるようなのはどうよ、という感慨はなくもない
+       - たとえば、自由ソフトウェアのカンファレンスでは50%のスロットが女性に割り当てられるべきだとかを重要な事項にするとか。
+     個人としての関わりとは別に
+     - GNUプロジェクトのメンテナー
+     - FSFのスタッフ
+     の方々は、一般の方とRMSの板ばさみ状態になることも確かにあったと思います。
+     - コピーライト譲渡の方針と運用
+     - 決まっているコトには従いなさい
+     - 企業の自由ソフトウェアの利用
+     - GPL
+     このうちのいくばくかは自由ソフトウェア運動自体に起因する軋轢ですが、無視できない量で個人の性格に起因するような不必要な軋轢もあったと考えられます。
+     glibc のメンテナーの困惑(?)は理解できなくもありません。
+     この文脈でjoint statementはわからなくもありません。けれども適切かといえば適切とはいいがたいかも。機に乗じた感があるのと、政治的な側面から乗っかっている人が中心にいるので。
+
+     GNUプロジェクトはだいたいこのままで行くのがわたくし個人の希望です。
+     FSFはどうなんでしょ。