modify 2016 Apr mm
authorNIIBE Yutaka <gniibe@fsij.org>
Thu, 7 Apr 2016 13:05:54 +0000 (22:05 +0900)
committerNIIBE Yutaka <gniibe@fsij.org>
Thu, 7 Apr 2016 13:05:54 +0000 (22:05 +0900)
content/monthly-meetings/2016/Apr.rst

index 71fa6fb..34ef856 100644 (file)
@@ -22,7 +22,9 @@ FST-01/FSM-55関連の開発にあたってはこれまで、ST microelectronics
 
 そこで、今回、Debian GNU/Linuxを用いてBeagleBone Green(BBG)で信号を制御し、BBGをOSとOpenOCDを含めた一体型のSWDプログラマとしようと考え、名前を BBG-SWD としました。
 
-製造にあたり、BBG-SWD を利用することで、万が一の攻撃に対して備えることが第一の目的です。実際、便利に使えるツールでもあります。
+(FST-01などのハードウェア製品の)製造において工場出荷のファームウェア書き込みに BBG-SWD を利用することで、製造ラインに対する万が一の攻撃に備えることが第一の目的です。
+
+実際に便利に使えるツールでもあります。
 
 
 話題提供