update
authorNIIBE Yutaka <gniibe@fsij.org>
Thu, 12 Mar 2015 06:41:05 +0000 (15:41 +0900)
committerNIIBE Yutaka <gniibe@fsij.org>
Thu, 12 Mar 2015 06:41:05 +0000 (15:41 +0900)
feeds/all-ja.atom.xml
feeds/all.atom.xml
feeds/all_rss.xml
feeds/rss.xml
feeds/system.atom.xml
feeds/system_rss.xml
monthly-meetings/2011/gnu-toolchain.html
pages/gnuk/git-ro-repository.html
system/web-services/run-fsij-web-on-your-machine.html

index 8ee6af5..5e25a65 100644 (file)
@@ -440,7 +440,7 @@ fsij-homepage$ make html
 &lt;/div&gt;
 &lt;div class="section" id="id4"&gt;
 &lt;h2&gt;ページの表示&lt;/h2&gt;
-&lt;p&gt;下記のようにして動かし、&lt;a class="reference external" href="http://127.0.0.1:8000/"&gt;http://127.0.0.1:8000/&lt;/a&gt; にアクセスするとページが見れます。&lt;/p&gt;
+&lt;p&gt;下記のようにして動かし、http://127.0.0.1:8000/ にアクセスするとページが見れます。&lt;/p&gt;
 &lt;pre class="literal-block"&gt;
 fsij-homepage$ cd output
 fsij-homepage/output$ python -m pelican.server
index 28fee9c..4f567e0 100644 (file)
@@ -440,7 +440,7 @@ fsij-homepage$ make html
 &lt;/div&gt;
 &lt;div class="section" id="id4"&gt;
 &lt;h2&gt;ページの表示&lt;/h2&gt;
-&lt;p&gt;下記のようにして動かし、&lt;a class="reference external" href="http://127.0.0.1:8000/"&gt;http://127.0.0.1:8000/&lt;/a&gt; にアクセスするとページが見れます。&lt;/p&gt;
+&lt;p&gt;下記のようにして動かし、http://127.0.0.1:8000/ にアクセスするとページが見れます。&lt;/p&gt;
 &lt;pre class="literal-block"&gt;
 fsij-homepage$ cd output
 fsij-homepage/output$ python -m pelican.server
index 0839861..dd02cda 100644 (file)
@@ -440,7 +440,7 @@ fsij-homepage$ make html
 &lt;/div&gt;
 &lt;div class="section" id="id4"&gt;
 &lt;h2&gt;ページの表示&lt;/h2&gt;
-&lt;p&gt;下記のようにして動かし、&lt;a class="reference external" href="http://127.0.0.1:8000/"&gt;http://127.0.0.1:8000/&lt;/a&gt; にアクセスするとページが見れます。&lt;/p&gt;
+&lt;p&gt;下記のようにして動かし、http://127.0.0.1:8000/ にアクセスするとページが見れます。&lt;/p&gt;
 &lt;pre class="literal-block"&gt;
 fsij-homepage$ cd output
 fsij-homepage/output$ python -m pelican.server
index 6c6c9f8..cf447f1 100644 (file)
@@ -440,7 +440,7 @@ fsij-homepage$ make html
 &lt;/div&gt;
 &lt;div class="section" id="id4"&gt;
 &lt;h2&gt;ページの表示&lt;/h2&gt;
-&lt;p&gt;下記のようにして動かし、&lt;a class="reference external" href="http://127.0.0.1:8000/"&gt;http://127.0.0.1:8000/&lt;/a&gt; にアクセスするとページが見れます。&lt;/p&gt;
+&lt;p&gt;下記のようにして動かし、http://127.0.0.1:8000/ にアクセスするとページが見れます。&lt;/p&gt;
 &lt;pre class="literal-block"&gt;
 fsij-homepage$ cd output
 fsij-homepage/output$ python -m pelican.server
index 563bf80..6a71b3e 100644 (file)
@@ -91,7 +91,7 @@ fsij-homepage$ make html
 &lt;/div&gt;
 &lt;div class="section" id="id4"&gt;
 &lt;h2&gt;ページの表示&lt;/h2&gt;
-&lt;p&gt;下記のようにして動かし、&lt;a class="reference external" href="http://127.0.0.1:8000/"&gt;http://127.0.0.1:8000/&lt;/a&gt; にアクセスするとページが見れます。&lt;/p&gt;
+&lt;p&gt;下記のようにして動かし、http://127.0.0.1:8000/ にアクセスするとページが見れます。&lt;/p&gt;
 &lt;pre class="literal-block"&gt;
 fsij-homepage$ cd output
 fsij-homepage/output$ python -m pelican.server
index 8318800..256583b 100644 (file)
@@ -91,7 +91,7 @@ fsij-homepage$ make html
 &lt;/div&gt;
 &lt;div class="section" id="id4"&gt;
 &lt;h2&gt;ページの表示&lt;/h2&gt;
-&lt;p&gt;下記のようにして動かし、&lt;a class="reference external" href="http://127.0.0.1:8000/"&gt;http://127.0.0.1:8000/&lt;/a&gt; にアクセスするとページが見れます。&lt;/p&gt;
+&lt;p&gt;下記のようにして動かし、http://127.0.0.1:8000/ にアクセスするとページが見れます。&lt;/p&gt;
 &lt;pre class="literal-block"&gt;
 fsij-homepage$ cd output
 fsij-homepage/output$ python -m pelican.server
index a4c7494..11b65e1 100644 (file)
@@ -200,8 +200,8 @@ GNU/Linux 上で Mac OS X で稼働する、ARM 向けのクロスコンパイ
 <p>GNU Toolchain の構築が一筋縄でいかないのは、別々のプロジェクトのソフトウェアに複雑な依存関係があるからです。</p>
 <p>C コンパイラの gcc は C ライブラリに依存します。しかし、C ライブラリを構築するためには C コンパイラが必要です。このため、構築は少なくとも二段階となり、最初は C ライブラリ抜きでできるとこまでの C コンパイラを作り、このコンパイラで C ライブラリを作ってから再度 gcc を構築するという手順となります。</p>
 <p>C コンパイラの gcc がどのように C ライブラリに依存するかですが、gcc のソースコードで inhibit_libc で検索してみてください。例えば、プロファイルを取るときにはファイルに出力する必要があるので gcc のランタイムライブラリは C ライブラリを使います。</p>
-<p>具体的な構築手順ですが、GNU/Linux の場合、<a class="reference external" href="http://www.linuxfromscratch.org/">Linux From Scratch</a> が参考となるでしょう。ここで C ライブラリの構築にはカーネルのヘッダファイル(Debian だと linux-headers-2.X.X...)が必要であることに注意してください。</p>
-<p>ARM の場合、<a class="reference external" href="https://github.com/esden/summon-arm-toolchain">Summon Arm Toolchain</a> が参考となるでしょう。g新部は、<a class="reference external" href="https://github.com/uwehermann/summon-arm-toolchain">Uwe's SAR</a> を利用しています。これは当初は GNU Toolchain だけを対象としていましたが、今では OpenOCD などなどを含むようになってきました。</p>
+<p>具体的な構築手順ですが、GNU/Linux の場合、`Linux From Scratch`_ が参考となるでしょう。ここで C ライブラリの構築にはカーネルのヘッダファイル(Debian だと linux-headers-2.X.X...)が必要であることに注意してください。</p>
+<p>ARM の場合、`Summon Arm Toolchain`_ が参考となるでしょう。g新部は、`Uwe's SAR`_ を利用しています。これは当初は GNU Toolchain だけを対象としていましたが、今では OpenOCD などなどを含むようになってきました。</p>
 <p>歴史的には、1999 年ころの <a class="reference external" href="http://vmlinux.org/crash/mirror/www.objsw.com/CrossGCC/">CrossGCC Frequently Asked Questions</a> が参考になります。</p>
 <p>2005 年ころの <a class="reference external" href="http://kegel.com/crosstool/">Building and Testing gcc/glibc cross toolchains</a> も参考となります。</p>
 </div>
index 9365dc0..2801f63 100644 (file)
@@ -51,9 +51,9 @@ $ git clone git://git.gniibe.org/gnuk/gnuk.git/
 $ git submodule init
 $ git submodule update
 </pre>
-<p>Copy of the repository is available at Gitorious.  Please visit:</p>
+<p>Copy of the repository is available at Debian.  Please visit:</p>
 <blockquote>
-<a class="reference external" href="https://gitorious.org/gnuk/gnuk">https://gitorious.org/gnuk/gnuk</a></blockquote>
+<a class="reference external" href="https://anonscm.debian.org/cgit/gnuk/gnuk/">https://anonscm.debian.org/cgit/gnuk/gnuk/</a></blockquote>
 
 </section>
        </section>
index ed98154..afcec50 100644 (file)
@@ -81,7 +81,7 @@ fsij-homepage$ make html
 </div>
 <div class="section" id="id4">
 <h2>ページの表示</h2>
-<p>下記のようにして動かし、<a class="reference external" href="http://127.0.0.1:8000/">http://127.0.0.1:8000/</a> にアクセスするとページが見れます。</p>
+<p>下記のようにして動かし、http://127.0.0.1:8000/ にアクセスするとページが見れます。</p>
 <pre class="literal-block">
 fsij-homepage$ cd output
 fsij-homepage/output$ python -m pelican.server