Update in 2017.
[fsij-homepage-html.git] / index.html
1 <!DOCTYPE html>
2 <html lang="ja">
3 <head>
4         <meta charset="utf-8" />
5         <title>FSIJ</title>
6         <link rel="stylesheet" href="/theme/css/main.css" />
7         <link href="http://www.fsij.org/feeds/all.atom.xml" type="application/atom+xml" rel="alternate" title="Free Software Initiative of Japan Atom Feed" />
8         <link href="http://www.fsij.org/feeds/all_rss.xml" type="application/rss+xml" rel="alternate" title="Free Software Initiative of Japan RSS Feed" />
9
10         <!--[if IE]>
11             <script src="http://html5shiv.googlecode.com/svn/trunk/html5.js"></script>
12         <![endif]-->
13 </head>
14
15 <body id="index" class="home">
16         <header id="banner" class="body">
17           <h1><a href="/"><img src="/images/FSIJ-s.png" /></a>
18               <p id="h1">Free Software Initiative of Japan</p>
19 <p id="h2">特定非営利活動法人 フリーソフトウェアイニシアティブ</p></h1>
20           <nav><ul>
21               <li><a href="/category/gnuk.html">gnuk</a></li>
22               <li><a href="/category/monthly-meetings.html">monthly-meetings</a></li>
23               <li><a href="/category/news.html">news</a></li>
24               <li><a href="/category/system.html">system</a></li>
25               <li><a id="ARCHIVE" href="/archives.html">ARCHIVE</a></li>
26           </ul></nav>
27         </header><!-- /#banner -->
28
29         <aside id="page-side"><nav>
30   <ul>
31     <li><a href="/pages/historical/INDEX.html">これまでの活動</a></li>
32     <li><a href="/pages/misc/INDEX.html">そのほか</a></li>
33   </ul>
34 </nav></aside> <!-- /#page-side -->
35         <section id="page-main">
36 <section id="content" class="body">
37     <h1 class="entry-title">FSIJ</h1>
38     
39     <p>特定非営利活動法人 フリーソフトウェアイニシアティブ、英文表記 Free Software Initiative of Japan (略称: FSIJ)は、
40 <a class="reference external" href="http://www.gnu.org/philosophy/free-sw.html">自由ソフトウェア</a>
41 の活動を進める非営利団体です。</p>
42 <!-- FSIJは、個の創造性発揮によって、経済・文化の発展に寄与することを目的に、開発者・利用者を支援し、正しいフリーソフトウェア概念の普及に努めるとともに、国際シンポジウム開催などの活動を行ない、高品質なフリーソフトウェアを日本から発信していきます。 -->
43 <!-- == イベント情報 ==
44
45 == [http://www.fsij.org/monthly-meetings/ 月例会] ==
46
47 毎月[http://www.sea.or.jp SEA]と共催で月例会を開催しています。フリーソフトウェアに関するホットな話題を取り上げて第一人者を招きディスカッションします。
48
49  * 詳しい案内は[http://www.fsij.org/monthly-meetings/ こちら] をご覧ください。
50 - - - -
51
52 === 総会と拡大月例会 ===
53
54 6/13(土)は2009年度通常総会です。総会の後、「chromium/linux」をテーマとした講演があります。下記の月例会案内をご覧ください。
55
56 === !CodeFest 秋葉原 2008 開催 ===
57
58
59 今年は2年ぶりに24時間コードをハックする!CodeFestを開催します。開催期間は2008年11月22日13:00(土曜日)から11月23日13:00(日曜日)まで24時間です。詳しくは下記URLを参照してください。
60
61  * 詳しい案内は[https://members.fsij.org/trac/codefestakihabara2008/wiki/WikiStart こちら] をご覧ください。
62
63 === 総会と拡大月例会 ===
64
65 6/14(土)は2008年度通常総会です。総会の後、「プライバシ保護デバイスと自由ソフトウェア」をテーマとして討議します。下記の月例会案内をご覧ください。
66
67 === Google Summer of Code 2008(2008年3月~9月) ===
68
69 今年もFSIJは参加します。[http://code.google.com/soc/fsij/about.html 公募ページ]に加えて[wiki:GSoC2008 Summer of Code 紹介ページ]を開設して日本語での関連情報を提供しています.
70
71 選考の結果,FSIJでは2名(両名とも日本人)の学生を採択しました。
72
73 === !CodeFest Week 2008 ===
74
75
76 2008年4月6日(日)から2008年4月12日(土)まで(9日は休み)、!CodeFest Weekを開催しました。
77 [https://members.fsij.org/trac/codefestweek2008/wiki こちら]が!WiKiです。
78
79
80 === !CodeFest Week 2007 ===
81
82 !CodeFest とは、普段はインターネット上でのやり取りのみで Face-To-Faceでは話し合う機会があまりないハッカー達が一ヶ所に集い、 Bug Squashing マラソン、ソフトウェアのリリース直前のとりまとめやリリース、新機能実装の披露など、自由にコード(ソフトウェアのソースコード)を持ち寄って頭を突き合わせて議論し、開発を進めるイベントです。
83 FSIJは今年は、開発者・活動家・ハッカーが集まる場を
84 2007年11月17日(土曜日)から11月23日(金曜日)までの一週間、用意します。
85
86  * [https://members.fsij.org/trac/codefestweek2007 CodeFest Week 2007 ページへ]
87  * [https://members.fsij.org/trac/codefestweek2007/wiki/CodeFestWeek2007DistinguishedLecture Distinguished Lecture 棟上昭男氏を迎えて] 2007年11月22日(木曜日)14:10 スタート 16:30 終了
88
89 === リチャード M. ストールマン講演会 ===
90 ==== ~ フリーソフトウェア運動とGPLv3の現在~ ====
91 2007年10月24日、廣瀬無線ビル 5F ホールにて、[wiki:RichardMStallmanTalk リチャード M. ストールマン講演会「フリーソフトウェア運動とGPLv3の現在」]を開催します。
92
93  * 日時: 2007年10月24日(水) 18:10-19:50
94  * 場所: 〒101-0021 東京都千代田区外神田1-10-5 [http://www.hir.co.jp/hirose_hp/rental_hole.html 廣瀬無線ビル 5F ホール]
95  * 詳細は[wiki:RichardMStallmanTalk こちら]
96  * 注意: 講演の言語は英語です。通訳はありませんのでご了承ください。
97  * 参加申込数が定員に達したため、参加申込の受け付けを終了いたしました。
98  * この時のビデオを下記URLからダウンロードできます。自由なコーデック ogg theora を使っています。
99    * [https://members.fsij.org/portal/Members/hironobu/rms-speech-2007-Oct-24th/ Download] (108MB)
100
101 === Google Summer of Code 2007 ===
102
103 「Google Summer of Code」は、コードを自ら書いてソフトウェアの新たな領域を切り開いていこうという意欲と創造性を持った学生を支援し、育成するため開催するものです。
104
105  *  [https://members.fsij.org/trac/soc2007/wiki/Ideas 参加に関する情報]
106  *  [http://code.google.com/soc/fsijp/about.html Google site]
107
108 FSIJでは、特に日本語環境を改良・改善していくFree Softwareの開発をしてくれる学生を募集します。
109
110 == The 5th International GPLv3 Conference ==
111 2006年11月21-22日に秋葉原UDXカンファレンス6FにてThe 5th International GPLv3 Conferenceを開催しました。
112 FSIJはこのカンファレンスのホストを務めました。
113
114  * 詳しくはこちら
115    * [http://gplv3.fsij.org  英語公式ページ]
116    * [http://gplv3.fsij.org/trac.cgi/wiki/Japanese 日本語公式ページ ]
117
118 === 講演者 ===
119  * [http://www.stallman.org/ Richard M. Stallman] ,  [http://www.fsf.org FSF]
120  * Peter T. Brown, [http://www.fsf.org FSF]
121  * Brett Smith,  [http://www.fsf.org FSF]
122  * [http://www.lsd.ic.unicamp.br/~oliva/ Alexandre Oliva], [http://www.fsfla.org/ FSF Latin America]
123  * Enrique Chaparro, [http://www.vialibre.org.ar/  Via Libre]
124  * [http://gnuhh.org/ Georg C.F. Greve], [http://www.fsfeurope.org/ FSF Europe]
125  * [http://ciaran.compsoc.com/ Ciaran O'Riordan], [http://www.fsfeurope.org/ FSF Europe]
126  * Arun M., [http://fsf.org.in/ FSF India]
127  * Nagarjuna G., [http://fsf.org.in/ FSF India]
128  * [http://www.gniibe.org/log/ NIIBE Yutaka], [http://www.fsij.org/ FSIJ] ([http://community.linux.com/article.pl?sid=06/09/19/150224 Interview])
129  * [http://www.h2np.net/hironobu/ Hironobu SUZUKI], [http://www.fsij.org/ FSIJ]
130  * [http://ukai.jp/ Fumitoshi UKAI], [http://www.fsij.org/ FSIJ]
131
132
133 === !CodeFest京都2006 ===
134
135 秋の京都で思いっきりハックしよう!
136
137 !CodeFest とは、普段はインターネット上でのやり取りのみで Face-To-Faceでは話し合う機会があまりないハッカー達が一ヶ所に集い、 Bug Squashing マラソン、ソフトウェアのリリース直前のとりまとめやリリース、新機能実装の披露など、自由にコード(ソフトウェアのソースコード)を持ち寄って頭を突き合わせて議論し、開発を進めるイベントです。
138 去年の[https://members.fsij.org/trac/codefestkyoto2005 CodeFest京都2005]、
139 今年の[https://members.fsij.org/trac/codefestakihabara2006/wiki CodeFest秋葉原2006]
140 に引き続き、今年も秋の京都で開催します。
141
142
143  * 詳細について[[https://members.fsij.org/trac/codefest2006kyoto CodeFest京都2006]]
144  * 日時: 2006/10/14(Sat) 13:00 - 2005/10/15(Sun) 13:00 (24時間)
145  * 場所: [http://maps.google.co.jp/maps?oe=UTF-8&hl=ja&lr=lang_ja&q=%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%BA%9C%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%B8%82%E5%B7%A6%E4%BA%AC%E5%8C%BA%E5%90%89%E7%94%B0%E7%89%9B%E3%83%8E%E5%AE%AE%E7%94%BA1 京都府京都市左京区吉田牛ノ宮町] [http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/kotu.html 京都大学人文科学研究所 本館] 大会議室
146  * [https://members.fsij.org/portal/Members/hironobu/PressRelease20060927/document_view 報道発表資料]
147
148 === !CodeFest秋葉原2006 ===
149
150 「 !CodeFest 」とは、普段はインターネット上でのやり取りのみでFace-To-Faceでは
151 話し合う機会がないハッカー達が一ヶ所に集い、Bug Squashing マラソン、
152 ソフトウェアのリリース直前のとりまとめやリリース、新機能実装の披露など、
153 自由にコード(ソフトウェアのソースコード)を持ち寄って頭を突き合わせて
154 議論し、開発を進めるイベントです。
155 今回の
156 [https://members.fsij.org/trac/codefestakihabara2006/wiki CodeFest秋葉原2006]
157 は、昨年の
158 [https://members.fsij.org/trac/codefest2005 CodeFest日本2005]、
159 [https://members.fsij.org/trac/codefestkyoto2005 CodeFest京都2005]
160 に引き続く三度目のCodeFestです。
161 このイベントを通じて、[http://www.fsij.org/ FSIJ]は、自由なソフトウェアで
162 あるからこそ可能となる、コードについての自由な語らいや自由にハックする
163 ための場を作ることを目指します。
164
165
166  * 日時: 2006/07/01 13:00 - 2006/07/02 13:00 (24時間)
167  * 場所: 千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル 11F 1101 室 産業技術総合研究所秋葉原サイト会議室 [http://www.google.co.jp/maphp?hl=ja&q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%8D%83%E4%BB%A3%E7%94%B0%E5%8C%BA%E5%A4%96%E7%A5%9E%E7%94%B01-18-13&om=1&ll=35.699207,139.77209&spn=0.006221,0.013561 地図]
168
169 !CodeFest秋葉原2006[https://members.fsij.org/trac/codefestakihabara2006/wiki 詳細]
170
171
172 === Google's the Summer of Code 2006 ===
173
174 「Summer of Code」は、コードを自ら書いてソフトウェアの新たな領域を切り開いていこうという意欲と創造性を持った学生を支援し、育成するため開催するものです。
175
176  *  [https://members.fsij.org/trac/soc2006/wiki/Ideas 参加に関する情報]
177  *  [http://code.google.com/soc/fsij/about.html  Google site]には、採択したテーマが掲載されています。
178
179 FSIJでは、特に日本語環境を改良・改善していくFree Softwareの開発をしてくれる学生を募集しました。[https://members.fsij.org/portal/Members/hironobu/summer_of_code_2006/document_view 詳しくはこちら(終了)]
180
181 - - - -
182 == 報道発表資料 ==
183 === 2006年 10月24日 報道発表資料 ===
184
185 FSIJ、第5回インターナショナルGPLv3カンファレンスを日本で開催~FSF Richard M. Stallmanをはじめとした全世界のフリーソフトウェア関係者が、東京・秋葉原に集結して議論を展開~ 2006年11月21日(火) および22日(水) の2日間、「第5回インターナショナルGPLv3カンファレンス」を、東京・秋葉原で開催します。
186
187 [https://members.fsij.org/portal/Members/hironobu/press-2006-10-24/ 発表内容はこちらへ]
188
189 === 2006 年 5月30日 報道発表資料 ===
190
191 JPCERT/CC、FSIJはオープンソースソフトウェアおよびフリーソフトウェアのセキュリティ対策強化を目的とした協力体制を構築し、
192 脆弱性情報取扱いに関する円滑なコミュニケーションを図ることより問題の迅速な解決を目指します。
193
194 [https://members.fsij.org/portal/Members/hironobu/press-2006-05-30/ 発表内容はこちらへ] -->
195 <!-- == FSIJについて ==
196  * [wiki:Teikan 定款]
197    * [https://members.fsij.org/portal/Members/hironobu/shushisho-2002/document_view 設立趣意書]
198    * [wiki:PressConference1 設立発表会]
199
200  * [wiki:BoardOfDirectors 理事]
201  * [wiki:Contact 連絡先]
202  * [wiki:Join 入会方法]
203  * [https://members.fsij.org/ 会員向けページ]
204    * [https://members.fsij.org/ 2008年度総会資料]
205
206
207 === 部会 ===
208  * [https://members.fsij.org/portal/Members/hironobu/fsij-bukai-kisoku-2003/document_view 部会運営規則]
209
210 == 月例会 ==
211  * [http://www.fsij.org/monthly-meetings/ 最新の月例会情報]
212  * [wiki:MonthlyMeetingRecord2007 月例会記録]
213  * [wiki:MonthlyMeetingPlan 月例会の今後の予定]
214 == 各種資料 ==
215  * [wiki:FSIJ-FAQ-1 フリーソフトウェアFAQ]
216  * [wiki:ADMC2005-Report  Debian Mini-Conf 2005 / CodeFest 2005 報告]
217    * [https://members.fsij.org/portal/Members/hironobu/Asia_Debian_Mini-Conf_2005/view ポータルサイト上]
218  * [https://members.fsij.org/portal/Members/hironobu/2005-04-21-report/document_view スペイン・エストレマドゥーラ州プレゼンテーションセミナー参加報告]
219  * 中国上海軟件工程和未来軟件技術国際研討会講演記録[https://members.fsij.org/portal/Members/hironobu/shanghai-2005-11-08_speech/file_view スピーチ][https://members.fsij.org/portal/Members/hironobu/Shanghai-2005-11-08/file_view スライド]
220  * リチャードストールマン講演会
221     * [http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2003/0425/stallman.htm INTERNET Watch]
222
223 == 過去イベント情報 ==
224  * [wiki:PastEvents 過去のイベント情報]
225    * [wiki:2002-10-21-seminar 技術セミナー]
226    * [wiki:2002-10-22 フリーソフトウェア国際大会]
227    * [https://members.fsij.org/trac/codefest2005/ CodeFest日本2005]
228    * [https://members.fsij.org/trac/summerdojo2005/ 夏休みコード道場2005]
229    * [https://members.fsij.org/trac/codefestkyoto2005/ CodeFest京都2005]
230    * [http://codespeak.net/pypy/extradoc/sprintinfo/tokyo/sprint-announcement.html Tokyo PyPy Sprint]
231    * [https://members.fsij.org/trac/codefestakihabara2006/ CodeFest秋葉原2006]
232    * [https://members.fsij.org/trac/codefest2006kyoto CodeFest京都2006] -->
233
234 </section>
235         </section>
236         <section id="extras" class="body">
237         </section><!-- /#extras -->
238
239         <footer id="contentinfo" class="body">
240           <address id="about" class="vcard body">
241             Powered by <a href="http://getpelican.com/">Pelican</a> with <a href="http://python.org">Python</a>.
242           </address><!-- /#about -->
243
244           <p>Source is available at a <a href="http://git.fsij.org/">Git repository</a>.</p>
245         </footer><!-- /#contentinfo -->
246
247 </body>
248 </html>