update
[fsij-homepage-html.git] / feeds / monthly-meetings.atom.xml
1 <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
2 <feed xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom"><title>Free Software Initiative of Japan</title><link href="http://www.fsij.org/" rel="alternate"></link><link href="http://www.fsij.org/feeds/monthly-meetings.atom.xml" rel="self"></link><id>http://www.fsij.org/</id><updated>2015-04-03T00:00:00+09:00</updated><entry><title>4月の技術講座</title><link href="http://www.fsij.org/monthly-meetings/2015/Apr.html" rel="alternate"></link><updated>2015-04-03T00:00:00+09:00</updated><author><name>webmaster@fsij.org</name></author><id>tag:www.fsij.org,2015-04-03:monthly-meetings/2015/Apr.html</id><summary type="html">&lt;div class="section" id="kakasi"&gt;
3 &lt;h2&gt;テーマ: KAKASIの実装と課題&lt;/h2&gt;
4 &lt;p&gt;開催日時 2015年4月27日(月曜日)18:30 〜 19:30&lt;/p&gt;
5 &lt;table class="docutils field-list" frame="void" rules="none"&gt;
6 &lt;col class="field-name" /&gt;
7 &lt;col class="field-body" /&gt;
8 &lt;tbody valign="top"&gt;
9 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;場所:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;東京体育館第四会議室&lt;/td&gt;
10 &lt;/tr&gt;
11 &lt;/tbody&gt;
12 &lt;/table&gt;
13 &lt;/div&gt;
14 &lt;div class="section" id="id2"&gt;
15 &lt;h2&gt;概要&lt;/h2&gt;
16 &lt;p&gt;KAKASIは古くから使われている、漢字・かな・アルファベットの相互変換をするソフトウェアです。オリジナルの作者である高橋ひろのぶ氏から開発を引き継いだ以後の歴史と、現在の実装上の問題、そして今後の取り組みについて解説します。&lt;/p&gt;
17 &lt;/div&gt;
18 &lt;div class="section" id="id3"&gt;
19 &lt;h2&gt;話題提供&lt;/h2&gt;
20 &lt;ul class="simple"&gt;
21 &lt;li&gt;野首 貴嗣&lt;/li&gt;
22 &lt;/ul&gt;
23 &lt;/div&gt;
24 </summary></entry><entry><title>3月の技術講座</title><link href="http://www.fsij.org/monthly-meetings/2015/Mar.html" rel="alternate"></link><updated>2015-02-13T00:00:00+09:00</updated><author><name>webmaster@fsij.org</name></author><id>tag:www.fsij.org,2015-02-13:monthly-meetings/2015/Mar.html</id><summary type="html">&lt;div class="section" id="cve-2014-6271gnu-bash"&gt;
25 &lt;h2&gt;テーマ: CVE-2014-6271及び関連するGNU bashの脆弱性について&lt;/h2&gt;
26 &lt;p&gt;開催日時 2015年3月16日(月曜日)18:30 〜 19:30&lt;/p&gt;
27 &lt;table class="docutils field-list" frame="void" rules="none"&gt;
28 &lt;col class="field-name" /&gt;
29 &lt;col class="field-body" /&gt;
30 &lt;tbody valign="top"&gt;
31 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;場所:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;東京体育館第三会議室&lt;/td&gt;
32 &lt;/tr&gt;
33 &lt;/tbody&gt;
34 &lt;/table&gt;
35 &lt;/div&gt;
36 &lt;div class="section" id="id2"&gt;
37 &lt;h2&gt;概要&lt;/h2&gt;
38 &lt;p&gt;米国時間2014年9月24日に公開されたGNU bashに燗する脆弱性 CVE-2014-6271及び関連する一連の脆弱性についての解説と具体的な攻撃可能性についてデモを含めての議論を行います。&lt;/p&gt;
39 &lt;/div&gt;
40 &lt;div class="section" id="id3"&gt;
41 &lt;h2&gt;話題提供&lt;/h2&gt;
42 &lt;ul class="simple"&gt;
43 &lt;li&gt;鈴木 裕信&lt;/li&gt;
44 &lt;/ul&gt;
45 &lt;/div&gt;
46 </summary></entry><entry><title>1月の集まり</title><link href="http://www.fsij.org/monthly-meetings/2015/Jan.html" rel="alternate"></link><updated>2015-01-09T00:00:00+09:00</updated><author><name>webmaster@fsij.org</name></author><id>tag:www.fsij.org,2015-01-09:monthly-meetings/2015/Jan.html</id><summary type="html">&lt;div class="section" id="tor-otr-www-gnu-org"&gt;
47 &lt;h2&gt;テーマ: Tor/OTR と www.gnu.orgの日本語訳について&lt;/h2&gt;
48 &lt;p&gt;開催日時 2015年01月22日(木曜日) 17:30 〜 19:00++&lt;/p&gt;
49 &lt;table class="docutils field-list" frame="void" rules="none"&gt;
50 &lt;col class="field-name" /&gt;
51 &lt;col class="field-body" /&gt;
52 &lt;tbody valign="top"&gt;
53 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;場所:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;青山一丁目 (&lt;strong&gt;注意&lt;/strong&gt;: いつもと違います!)&lt;/td&gt;
54 &lt;/tr&gt;
55 &lt;/tbody&gt;
56 &lt;/table&gt;
57 &lt;p&gt;www.gnu.orgのウェブサイトの日本語訳は現体制で4年目になりました。
58 毎年一回程度オフラインの会合をしています。翻訳作業について確認し、作業の改善をはかります。&lt;/p&gt;
59 &lt;p&gt;ちょうど Jacob Appelbaum さんが来日しますので、一時間ほどお話をしてもらう予定です。&lt;/p&gt;
60 &lt;p&gt;www.gnu.orgの翻訳作業の関係者だけでなく、GNUプロジェクトについて知りたい方、自由ソフトウェア運動に関心のある方、ほかの日本語翻訳に関係している方、Tor や OTR に関心のある方の参加を募ります。&lt;/p&gt;
61 &lt;p&gt;フリーソフトウェアファウンデーションは今年で30周年で、動画が作られましたのでこちらの字幕の翻訳についても話題となるでしょう。&lt;/p&gt;
62 &lt;p&gt;また emailselfdefense.fsf.org の日本語訳についても論じましょう。&lt;/p&gt;
63 &lt;p&gt;g新年に際し、会合の後、新年会を開催する予定です。&lt;/p&gt;
64 &lt;!-- BREAK --&gt;
65 &lt;/div&gt;
66 &lt;div class="section" id="id2"&gt;
67 &lt;h2&gt;会場について&lt;/h2&gt;
68 &lt;p&gt;地下鉄銀座線青山一丁目から徒歩1分。
69 詳細については参加登録した方にメールで連絡します。&lt;/p&gt;
70 &lt;/div&gt;
71 &lt;div class="section" id="id3"&gt;
72 &lt;h2&gt;募集人数&lt;/h2&gt;
73 &lt;p&gt;10名くらい&lt;/p&gt;
74 &lt;/div&gt;
75 &lt;div class="section" id="id4"&gt;
76 &lt;h2&gt;時間割&lt;/h2&gt;
77 &lt;ul&gt;
78 &lt;li&gt;&lt;p class="first"&gt;17:00ころ       開場&lt;/p&gt;
79 &lt;/li&gt;
80 &lt;li&gt;&lt;p class="first"&gt;17:30~18:00   www.gnu.orgの保守について確認、作業予定など&lt;/p&gt;
81 &lt;ul class="simple"&gt;
82 &lt;li&gt;この一年の作業のまとめ&lt;/li&gt;
83 &lt;li&gt;今後、一年くらいの作業の予定&lt;/li&gt;
84 &lt;/ul&gt;
85 &lt;/li&gt;
86 &lt;li&gt;&lt;dl class="first docutils"&gt;
87 &lt;dt&gt;18:00~19:00   Jacob Appelbaum さんの話&lt;/dt&gt;
88 &lt;dd&gt;&lt;p class="first last"&gt;Jacob Appelbaum, Tor Developer - &lt;a class="reference external" href="https://www.torproject.org/"&gt;https://www.torproject.org/&lt;/a&gt;&lt;/p&gt;
89 &lt;/dd&gt;
90 &lt;/dl&gt;
91 &lt;/li&gt;
92 &lt;li&gt;&lt;p class="first"&gt;19:30?~21:00? 新年会 (近くの居酒屋等)&lt;/p&gt;
93 &lt;/li&gt;
94 &lt;/ul&gt;
95 &lt;/div&gt;
96 &lt;div class="section" id="id5"&gt;
97 &lt;h2&gt;参加方法&lt;/h2&gt;
98 &lt;p&gt;参加希望の方は gniibe at fsij.org 宛にメールで事前(1/20までを目安)に連絡ください。
99 一部だけの参加希望の場合は、その旨を伝えてください。&lt;/p&gt;
100 &lt;p&gt;討議とお話を聞く会合には費用はかかりません。新年会は各自あわせての負担をお願いします。&lt;/p&gt;
101 &lt;/div&gt;
102 &lt;div class="section" id="id6"&gt;
103 &lt;h2&gt;参考リンク&lt;/h2&gt;
104 &lt;ul class="simple"&gt;
105 &lt;li&gt;Tor プロジェクト: &lt;a class="reference external" href="https://www.torproject.org/"&gt;https://www.torproject.org/&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
106 &lt;li&gt;Off-the-Record Messaging: &lt;a class="reference external" href="https://otr.cypherpunks.ca/index.php"&gt;https://otr.cypherpunks.ca/index.php&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
107 &lt;li&gt;GNU プロジェクト: &lt;a class="reference external" href="https://www.gnu.org/"&gt;https://www.gnu.org/&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
108 &lt;li&gt;日本語翻訳チーム: &lt;a class="reference external" href="https://savannah.gnu.org/projects/www-ja"&gt;https://savannah.gnu.org/projects/www-ja&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
109 &lt;li&gt;&lt;a class="reference external" href="https://emailselfdefense.fsf.org/en/"&gt;https://emailselfdefense.fsf.org/en/&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
110 &lt;li&gt;FSF30周年の動画: &lt;a class="reference external" href="https://archive.org/details/FSF30Video"&gt;https://archive.org/details/FSF30Video&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
111 &lt;/ul&gt;
112 &lt;/div&gt;
113 </summary></entry><entry><title>11月の技術講座</title><link href="http://www.fsij.org/monthly-meetings/2014/Nov.html" rel="alternate"></link><updated>2014-11-08T00:00:00+09:00</updated><author><name>webmaster@fsij.org</name></author><id>tag:www.fsij.org,2014-11-08:monthly-meetings/2014/Nov.html</id><summary type="html">&lt;div class="section" id="openpgp"&gt;
114 &lt;h2&gt;テーマ: OpenPGP鍵署名の会合&lt;/h2&gt;
115 &lt;p&gt;開催日時 2014年11月25日(火曜日)18:30 〜 19:30&lt;/p&gt;
116 &lt;table class="docutils field-list" frame="void" rules="none"&gt;
117 &lt;col class="field-name" /&gt;
118 &lt;col class="field-body" /&gt;
119 &lt;tbody valign="top"&gt;
120 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;場所:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;東京体育館第四会議室&lt;/td&gt;
121 &lt;/tr&gt;
122 &lt;/tbody&gt;
123 &lt;/table&gt;
124 &lt;p&gt;GnuPG (GNU Privacy Guard)の新しいバージョン 2.1.0がリリースされました。&lt;/p&gt;
125 &lt;p&gt;この機会に、EZKSP (Easy KeySigning Party Protocol)による鍵の署名の証明のための情報交換をします。&lt;/p&gt;
126 &lt;!-- BREAK --&gt;
127 &lt;/div&gt;
128 &lt;div class="section" id="id2"&gt;
129 &lt;h2&gt;概要&lt;/h2&gt;
130 &lt;p&gt;OpenPGP鍵署名の会合を行います。&lt;/p&gt;
131 &lt;p&gt;時間が余ればGnuPG の開発に参加している g新部が、いくつかの話題を紹介します。&lt;/p&gt;
132 &lt;/div&gt;
133 &lt;div class="section" id="ezksp-easy-keysigning-party-protocol"&gt;
134 &lt;h2&gt;EZKSP (Easy KeySigning Party Protocol)&lt;/h2&gt;
135 &lt;p&gt;今回の集まりでは &lt;a class="reference external" href="http://mdcc.cx/gnupg/ezksp.html"&gt;EZKSP&lt;/a&gt; による鍵の署名の証明のための情報交換をします。&lt;/p&gt;
136 &lt;p&gt;近年、よく行われるKSP(Key Signing Party)のプロトコルでは、コーディネータによる的確な事前の準備が必要であり、また、参加者もファイルを事前に入手し印刷しチェックサムを計算しておく必要があります。&lt;/p&gt;
137 &lt;p&gt;これには、厳格に手順が定まっていてKSPの評価がしやすく手間も減らせてきちんと確認ができる、という利点がありますが、準備が必要なこと、飛び入り参加の扱いが難しい、などの問題があるかもしれません。&lt;/p&gt;
138 &lt;p&gt;今回のプロトコルは、わかりやすく、大人数でなければ手間もさほど問題にはなりません。&lt;/p&gt;
139 &lt;/div&gt;
140 &lt;div class="section" id="id3"&gt;
141 &lt;h2&gt;EZKSP に持ってくるもの&lt;/h2&gt;
142 &lt;ul&gt;
143 &lt;li&gt;&lt;p class="first"&gt;自分の鍵の情報の紙: 鍵のID、名前、フィンガープリントを印刷した紙(の短冊)を想定される人数分
144 たとえば、以下のようです(gpg --list-key --fingerprint &amp;lt;自分の鍵ID&amp;gt; の出力):&lt;/p&gt;
145 &lt;pre class="literal-block"&gt;
146 pub   2048R/4CA7BABE 2010-10-15
147       Key fingerprint = 1241 24BD 3B48 62AF 7A0A  42F1 00B4 5EBD 4CA7 BABE
148 uid                  NIIBE Yutaka &amp;lt;gniibe&amp;#64;fsij.org&amp;gt;
149 uid                  NIIBE Yutaka &amp;lt;gniibe&amp;#64;debian.org&amp;gt;
150 sub   2048R/084239CF 2010-10-15
151 sub   2048R/5BB065DC 2010-10-22
152 &lt;/pre&gt;
153 &lt;/li&gt;
154 &lt;li&gt;&lt;p class="first"&gt;自分の名前を証明するもの。User ID に英字を使っている場合はパスポート。&lt;/p&gt;
155 &lt;/li&gt;
156 &lt;/ul&gt;
157 &lt;/div&gt;
158 &lt;div class="section" id="id4"&gt;
159 &lt;h2&gt;今回のEZKSP (前提)&lt;/h2&gt;
160 &lt;p&gt;今回は鍵サーバの利用をデフォルトとします。&lt;/p&gt;
161 &lt;ul class="simple"&gt;
162 &lt;li&gt;鍵サーバに鍵があることが前提&lt;/li&gt;
163 &lt;li&gt;署名した鍵を署名した人が送信することが前提&lt;/li&gt;
164 &lt;/ul&gt;
165 &lt;p&gt;この前提を選択しない場合は、相手にその旨を伝えて、鍵を相手にメールで送付してください。&lt;/p&gt;
166 &lt;/div&gt;
167 &lt;div class="section" id="id5"&gt;
168 &lt;h2&gt;EZKSP のやり方(事前準備)&lt;/h2&gt;
169 &lt;ul class="simple"&gt;
170 &lt;li&gt;持っていない場合は、鍵を作っておく。(gpg --gen-key)&lt;/li&gt;
171 &lt;li&gt;自分の鍵の情報の紙を印刷する。&lt;/li&gt;
172 &lt;/ul&gt;
173 &lt;/div&gt;
174 &lt;div class="section" id="id6"&gt;
175 &lt;h2&gt;EZKSP のやり方(現場)&lt;/h2&gt;
176 &lt;p&gt;だいたいのやりかた:&lt;/p&gt;
177 &lt;ul class="simple"&gt;
178 &lt;li&gt;机の回りにそれぞれ並びます。向き合った二人の優先順位(東が先とか)を決めておきます。&lt;/li&gt;
179 &lt;li&gt;自分の鍵と自分の名前を結びつけてもらうため、まず、自分の鍵の情報の紙を渡します。&lt;/li&gt;
180 &lt;li&gt;次に、自分の名前をパスポート(などで)確認してもらいます。&lt;/li&gt;
181 &lt;li&gt;相手の鍵に対して同じように。&lt;/li&gt;
182 &lt;li&gt;違う人とこれを繰り返します。&lt;/li&gt;
183 &lt;/ul&gt;
184 &lt;p&gt;「違う人とこれを繰り返す」のをシステマチックにもれなく全部効率よくやる場合は、参加者の半分のグループがひとつ隣に動く、というようにし、それで、その方法での組み合わせがすべて終わったら、再帰的に半分のグループのメンバー同士で同じように繰り返します。&lt;/p&gt;
185 &lt;/div&gt;
186 &lt;div class="section" id="id7"&gt;
187 &lt;h2&gt;EZKSP のやり方(現場での情報交換が終わった後)&lt;/h2&gt;
188 &lt;ul class="simple"&gt;
189 &lt;li&gt;鍵サーバから鍵のIDで鍵を入手します。(あるいはメールで送ってもらいます)&lt;/li&gt;
190 &lt;li&gt;現場でもらった紙と情報を確認します。(鍵のID、名前、フィンガープリントの一致)
191 (一致しない場合は署名しません。)&lt;/li&gt;
192 &lt;li&gt;署名します。(gpg --sign-key)&lt;/li&gt;
193 &lt;li&gt;相手に(gpg --encrypt --armor で)暗号メールを作成して送るか、(gpg --send-keys で)鍵サーバに署名した鍵を送ります。&lt;/li&gt;
194 &lt;/ul&gt;
195 &lt;/div&gt;
196 &lt;div class="section" id="id8"&gt;
197 &lt;h2&gt;リンク&lt;/h2&gt;
198 &lt;ul class="simple"&gt;
199 &lt;li&gt;Email self-defence: &lt;a class="reference external" href="https://emailselfdefense.fsf.org/"&gt;https://emailselfdefense.fsf.org/&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
200 &lt;li&gt;GnuPG: &lt;a class="reference external" href="https://www.gnupg.org/"&gt;https://www.gnupg.org/&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
201 &lt;li&gt;FST-01 でGnukを使う: &lt;a class="reference external" href="http://no-passwd.net/fst-01-gnuk-handbook/"&gt;http://no-passwd.net/fst-01-gnuk-handbook/&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
202 &lt;/ul&gt;
203 &lt;/div&gt;
204 </summary></entry><entry><title>10月の技術講座</title><link href="http://www.fsij.org/monthly-meetings/2014/Oct.html" rel="alternate"></link><updated>2014-09-10T00:00:00+09:00</updated><author><name>webmaster@fsij.org</name></author><id>tag:www.fsij.org,2014-09-10:monthly-meetings/2014/Oct.html</id><summary type="html">&lt;div class="section" id="id2"&gt;
205 &lt;h2&gt;テーマ: 賽は、投げられなくては&lt;/h2&gt;
206 &lt;p&gt;開催日時 2014年10月1日(水曜日)18:30 〜 19:30&lt;/p&gt;
207 &lt;table class="docutils field-list" frame="void" rules="none"&gt;
208 &lt;col class="field-name" /&gt;
209 &lt;col class="field-body" /&gt;
210 &lt;tbody valign="top"&gt;
211 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;場所:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;東京体育館第四会議室&lt;/td&gt;
212 &lt;/tr&gt;
213 &lt;/tbody&gt;
214 &lt;/table&gt;
215 &lt;/div&gt;
216 &lt;div class="section" id="id3"&gt;
217 &lt;h2&gt;概要&lt;/h2&gt;
218 &lt;p&gt;ランダム・プール・ネットワークの構築について論じます。&lt;/p&gt;
219 &lt;p&gt;コンピュータ・ネットワークにおいて乱数は大変重要な役割を持ちます。近年、通信の暗号化の対処が進んだ半面、情報の暗号処理や、そこで重要となる乱数の扱いは、ほっておかれたままです。&lt;/p&gt;
220 &lt;p&gt;FSIJではNeuGと名付けられた組み込みデバイスに利用するTrue Random Number Generatorの実装のソフトウェアを配布していますが、一部の方の利用にとどまります。&lt;/p&gt;
221 &lt;p&gt;乱数生成器の技術的論点を確認し、社会的論点(特に、どのようにしてその乱数生成器を信じられるのか)を論じます。そして、より具体的な方策の一つであるランダム・プール・ネットワークの構築について説明します。&lt;/p&gt;
222 &lt;/div&gt;
223 &lt;div class="section" id="id4"&gt;
224 &lt;h2&gt;話題提供&lt;/h2&gt;
225 &lt;ul class="simple"&gt;
226 &lt;li&gt;g新部 裕&lt;/li&gt;
227 &lt;/ul&gt;
228 &lt;/div&gt;
229 &lt;div class="section" id="id5"&gt;
230 &lt;h2&gt;リンク&lt;/h2&gt;
231 &lt;ul class="simple"&gt;
232 &lt;li&gt;24時間あふれる自家天然乱数で、世界をもっと豊かに安全に:
233 &lt;a class="reference external" href="http://www.gniibe.org/shop/random-pool-network-ja.html"&gt;http://www.gniibe.org/shop/random-pool-network-ja.html&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
234 &lt;li&gt;NeuG, a True Random Number Generator Implementation:
235 &lt;a class="reference external" href="http://www.gniibe.org/memo/development/gnuk/rng/neug.html"&gt;http://www.gniibe.org/memo/development/gnuk/rng/neug.html&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
236 &lt;li&gt;Kun9BE4, The Random Pool Network:
237 &lt;a class="reference external" href="http://www.gniibe.org/memo/development/kun9be4/idea.html"&gt;http://www.gniibe.org/memo/development/kun9be4/idea.html&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
238 &lt;li&gt;Well Tempered Hacker で紹介された FST-01 の動画:
239 &lt;a class="reference external" href="http://www.youtube.com/watch?v=iDuhLQ43tvQ"&gt;http://www.youtube.com/watch?v=iDuhLQ43tvQ&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
240 &lt;li&gt;DebConf14 で発表された Tom Marble さんのプロジェクトの記事、 USB TRNG:
241 &lt;a class="reference external" href="http://info9.net/wiki/tmarble/posts/USB_TRNG/"&gt;http://info9.net/wiki/tmarble/posts/USB_TRNG/&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
242 &lt;li&gt;チップの製造レベルでの攻撃に関する論文(対象の一つはRNG)、2013年。Georg T. Becker, Francesco Regazzoni, Christof Paar, Wayne P. Burleson, &amp;quot;Stealthy Dopant-Level Hardware Trojans&amp;quot;:
243 &lt;a class="reference external" href="http://sharps.org/wp-content/uploads/BECKER-CHES.pdf"&gt;http://sharps.org/wp-content/uploads/BECKER-CHES.pdf&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
244 &lt;li&gt;上記の論文の発表スライド:
245 &lt;a class="reference external" href="http://www.chesworkshop.org/ches2013/presentations/CHES2013_Session4_3.pdf"&gt;http://www.chesworkshop.org/ches2013/presentations/CHES2013_Session4_3.pdf&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
246 &lt;/ul&gt;
247 &lt;/div&gt;
248 </summary></entry><entry><title>7月の技術講座</title><link href="http://www.fsij.org/monthly-meetings/2014/Jul.html" rel="alternate"></link><updated>2014-07-01T00:00:00+09:00</updated><author><name>webmaster@fsij.org</name></author><id>tag:www.fsij.org,2014-07-01:monthly-meetings/2014/Jul.html</id><summary type="html">&lt;div class="section" id="openssl-heartbeat-buffer-overrun"&gt;
249 &lt;h2&gt;テーマ: OpenSSL Heartbeat Buffer Overrun&lt;/h2&gt;
250 &lt;p&gt;開催日時 2014年7月13日(日曜日)14:00 〜 15:00&lt;/p&gt;
251 &lt;table class="docutils field-list" frame="void" rules="none"&gt;
252 &lt;col class="field-name" /&gt;
253 &lt;col class="field-body" /&gt;
254 &lt;tbody valign="top"&gt;
255 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;場所:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;東京体育館第四会議室&lt;/td&gt;
256 &lt;/tr&gt;
257 &lt;/tbody&gt;
258 &lt;/table&gt;
259 &lt;p&gt;世間ではHeartbleed Bugと呼ばれているOpenSSLのHeartbeatメッセージ処理の脆弱性による情報流出の問題をソースコードの側面から議論します。
260 内容はプログラマー向けになっています。ポロリもあるよ。&lt;/p&gt;
261 &lt;/div&gt;
262 &lt;div class="section" id="id2"&gt;
263 &lt;h2&gt;話題提供&lt;/h2&gt;
264 &lt;ul class="simple"&gt;
265 &lt;li&gt;すずき ひろのぶ&lt;/li&gt;
266 &lt;/ul&gt;
267 &lt;/div&gt;
268 &lt;div class="section" id="id3"&gt;
269 &lt;h2&gt;注意&lt;/h2&gt;
270 &lt;p&gt;いつもと開催時刻が異なります。ご注意ください。&lt;/p&gt;
271 &lt;/div&gt;
272 </summary></entry><entry><title>5月の技術講座</title><link href="http://www.fsij.org/monthly-meetings/2014/May.html" rel="alternate"></link><updated>2014-05-07T12:56:00+09:00</updated><author><name>webmaster@fsij.org</name></author><id>tag:www.fsij.org,2014-05-07:monthly-meetings/2014/May.html</id><summary type="html">&lt;div class="section" id="id2"&gt;
273 &lt;h2&gt;テーマ: 自由なコンピューティング&amp;amp;自由なネットワークとサイト運用&lt;/h2&gt;
274 &lt;p&gt;開催日時 2014年5月28日(水曜日)18:30 〜 19:45&lt;/p&gt;
275 &lt;table class="docutils field-list" frame="void" rules="none"&gt;
276 &lt;col class="field-name" /&gt;
277 &lt;col class="field-body" /&gt;
278 &lt;tbody valign="top"&gt;
279 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;場所:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;東京体育館第三会議室&lt;/td&gt;
280 &lt;/tr&gt;
281 &lt;/tbody&gt;
282 &lt;/table&gt;
283 &lt;p&gt;2014年5月よりFSIJのサイト運用を移行することになりました。&lt;/p&gt;
284 &lt;p&gt;これまでコロケーションサービスを利用し、自身のコンピュータでネットワークサービスを運用してきました。&lt;/p&gt;
285 &lt;p&gt;今後は、管理の権限が集中することを避けられる分散型の運用を行います。&lt;/p&gt;
286 &lt;p&gt;そこで、今月の会では、自由なコンピューティングを理念とし、自由なネットワークを標榜する場合、どのようなことが問題になるのかを議論します。&lt;/p&gt;
287 &lt;!-- BREAK --&gt;
288 &lt;/div&gt;
289 &lt;div class="section" id="id3"&gt;
290 &lt;h2&gt;概要&lt;/h2&gt;
291 &lt;p&gt;自分自身のコンピューティングを自分自身で(なんとか)制御する、ということを前提とした場合、サイト運用において、難しいことがでてきます。&lt;/p&gt;
292 &lt;p&gt;直接には、「便利」で「普及している」ので、「プロプライエタリの方式を導入しよう」、とはできません。&lt;/p&gt;
293 &lt;p&gt;それは、なにが問題なのでしょうか?たとえば、比較的安価なネットワークサービスを利用しようと考えた場合、自身のコンピュータを使った場合と比較して「どれくらい制御できるだろうか?」と考えてみてください。運営している側に大切なデータが渡ってしまったり、アクセスする方のデータが渡ったりしてしまわないでしょうか。自由ソフトウェア(だけ)で管理運用ができるでしょうか。&lt;/p&gt;
294 &lt;p&gt;今回、サイトの移行に伴い、自由ソフトウェア運動の理念を大切にしよう、と以下の二点を考えました。&lt;/p&gt;
295 &lt;ul class="simple"&gt;
296 &lt;li&gt;サービスは自由ソフトウェアだけで運用する&lt;ul&gt;
297 &lt;li&gt;保守に使うツールも自由ソフトウェアだけを前提とする&lt;/li&gt;
298 &lt;/ul&gt;
299 &lt;/li&gt;
300 &lt;li&gt;読者に不自由なソフトウェアを利用することを強いない&lt;ul&gt;
301 &lt;li&gt;不自由なJavaScriptのダウンロードを前提にすること(など)をしない&lt;/li&gt;
302 &lt;/ul&gt;
303 &lt;/li&gt;
304 &lt;/ul&gt;
305 &lt;p&gt;また、運用面では、以下の三点を考慮しました。&lt;/p&gt;
306 &lt;ul class="simple"&gt;
307 &lt;li&gt;管理の権限が集中することを避ける&lt;/li&gt;
308 &lt;li&gt;分散型の運用ができる&lt;/li&gt;
309 &lt;li&gt;記録が残る&lt;/li&gt;
310 &lt;/ul&gt;
311 &lt;/div&gt;
312 &lt;div class="section" id="id4"&gt;
313 &lt;h2&gt;具体的構成&lt;/h2&gt;
314 &lt;ul&gt;
315 &lt;li&gt;&lt;p class="first"&gt;ドメインネームレジストラの選定&lt;/p&gt;
316 &lt;p&gt;組織としてのドメイン管理が無理なくできるようにする。
317 複数の担当者が「パスワードを共有する」というようなムチャをすることなく運用。&lt;/p&gt;
318 &lt;p&gt;また、Webのインタフェースだけでしか変更ができないのは望ましくない。
319 Webのインタフェースの利用が、不自由なJavaScriptのダウンロードを前提にする、のは許容できない。&lt;/p&gt;
320 &lt;/li&gt;
321 &lt;li&gt;&lt;p class="first"&gt;分散型の運用方式&lt;/p&gt;
322 &lt;p&gt;WebサイトはstaticにGitリポジトリで管理する。&lt;/p&gt;
323 &lt;p&gt;Webサイトの元となる文書を「ソースコード」と捉え、そこからツールで生成し、
324 提供するHTMLを「バイナリ」として捉える。両方共にリポジトリで管理する。&lt;/p&gt;
325 &lt;p&gt;ほかの人がWebサイトの「バイナリ」を持っていってサービスを運用することが、簡単にできる構成とする。&lt;/p&gt;
326 &lt;p&gt;たとえば、極端には、月ごとに持ち回りで物理的なサーバを移す、というように。&lt;/p&gt;
327 &lt;/li&gt;
328 &lt;li&gt;&lt;p class="first"&gt;レジストラのアカウントを作り、ノードを用意する&lt;/p&gt;
329 &lt;ul class="simple"&gt;
330 &lt;li&gt;分散型の運用に加わる場合、http/git/smtp のサービスを &amp;quot;virtual host&amp;quot; に対して準備する&lt;/li&gt;
331 &lt;li&gt;Gitリポジトリをコピーする&lt;/li&gt;
332 &lt;li&gt;レジストラのDNSのエントリを変更する&lt;/li&gt;
333 &lt;/ul&gt;
334 &lt;/li&gt;
335 &lt;/ul&gt;
336 &lt;/div&gt;
337 &lt;div class="section" id="id5"&gt;
338 &lt;h2&gt;リンク&lt;/h2&gt;
339 &lt;ul class="simple"&gt;
340 &lt;li&gt;&lt;a class="reference external" href="http://www.gandi.net/"&gt;http://www.gandi.net/&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
341 &lt;li&gt;&lt;a class="reference external" href="http://www.gossamer-threads.com/lists/openssh/dev/55943"&gt;http://www.gossamer-threads.com/lists/openssh/dev/55943&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
342 &lt;li&gt;&lt;a class="reference external" href="https://github.com/blake2-ppc/git-remote-gcrypt"&gt;https://github.com/blake2-ppc/git-remote-gcrypt&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
343 &lt;/ul&gt;
344 &lt;/div&gt;
345 </summary></entry><entry><title>4月の技術講座</title><link href="http://www.fsij.org/monthly-meetings/2014/Apr.html" rel="alternate"></link><updated>2014-04-04T15:46:00+09:00</updated><author><name>webmaster@fsij.org</name></author><id>tag:www.fsij.org,2014-04-04:monthly-meetings/2014/Apr.html</id><summary type="html">&lt;div class="section" id="ed25519eddsa"&gt;
346 &lt;h2&gt;テーマ: 楕円曲線暗号Ed25519とEdDSA&lt;/h2&gt;
347 &lt;p&gt;開催日時 2014年4月21日(月曜日)18:30 〜 19:45&lt;/p&gt;
348 &lt;table class="docutils field-list" frame="void" rules="none"&gt;
349 &lt;col class="field-name" /&gt;
350 &lt;col class="field-body" /&gt;
351 &lt;tbody valign="top"&gt;
352 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;場所:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;東京体育館第四会議室&lt;/td&gt;
353 &lt;/tr&gt;
354 &lt;/tbody&gt;
355 &lt;/table&gt;
356 &lt;p&gt;楕円曲線暗号の最近のトピックスについて議論します。&lt;/p&gt;
357 &lt;p&gt;Edwards形式を用いた楕円曲線Ed25519と電子署名のEdDSAを、特にOpenSSH や GnuPG での利用についての観点から考察します。&lt;/p&gt;
358 &lt;p&gt;具体的な実装については、Ref10と呼ばれる参照実装、libgcryptでの実装、Gnukでの実装の3つを議論します。&lt;/p&gt;
359 &lt;!-- BREAK --&gt;
360 &lt;/div&gt;
361 &lt;div class="section" id="id2"&gt;
362 &lt;h2&gt;話題提供&lt;/h2&gt;
363 &lt;ul class="simple"&gt;
364 &lt;li&gt;g新部 裕&lt;/li&gt;
365 &lt;/ul&gt;
366 &lt;/div&gt;
367 &lt;div class="section" id="id3"&gt;
368 &lt;h2&gt;概要&lt;/h2&gt;
369 &lt;p&gt;楕円曲線暗号は、一般に、同じくらいの強度であれば、DSAやRSAと比べて鍵長が短くてすむ、計算資源が少なくてすむ、計算時間が短いなどの利点があります。&lt;/p&gt;
370 &lt;p&gt;これだけの利点がありながら、採用は進んできませんでした。米国政府が、その Cryptographic Modernization Program で楕円曲線暗号を利用した ECDSA, ECDH を推奨してきたにもかかわらずです(このプログラムの中で AES, SHA-2は広く普及しているのと対照的です)。&lt;/p&gt;
371 &lt;p&gt;それでもようやく、先年、OpenSSHでは、米国標準機関NIST定義の楕円曲線が導入されてました。GnuPGでも開発版において導入が進んでいました。&lt;/p&gt;
372 &lt;p&gt;ところが、2013年、米国諜報機関による広範な反社会的活動が明らかになり、社会問題となりました。米国諜報機関による活動には、技術規格が籠絡されたことも含まれていました。
373 そして技術規格の吟味の結果、NIST定義の楕円曲線のいくつかは、専門家から信頼できない、とされました。&lt;/p&gt;
374 &lt;p&gt;現在では、2011年にDJB先生を中心に開発されたEdwards形式を用いた楕円曲線Ed25519と電子署名のEdDSAが注目されています。OpenSSH 6.5でも導入され、GnuPGでも検討されています。&lt;/p&gt;
375 &lt;p&gt;まぁ、採用が進まなかったのは、理由もあるわけです。
376 資料を広く開示したり、配信などはしない、その場限りの話が可能なオフラインの集まりですから、
377 この辺の不満や批判も語られるかも知れません。&lt;/p&gt;
378 &lt;/div&gt;
379 &lt;div class="section" id="id4"&gt;
380 &lt;h2&gt;リンク&lt;/h2&gt;
381 &lt;p&gt;Ed25519: high-speed high-security signatures:
382 &lt;a class="reference external" href="http://ed25519.cr.yp.to/"&gt;http://ed25519.cr.yp.to/&lt;/a&gt;&lt;/p&gt;
383 &lt;p&gt;Daniel J. Bernstein, Peter Birkner, Marc Joye, Tanja Lange, and Christiane Peters.  &amp;quot;Twisted Edwards Curves&amp;quot;.  Avances in Cryptology:AFRICACRYPT 2008.  Lecture Notes in Computer Science 5023. Springer-Verlag, Berlin 2008. : &lt;a class="reference external" href="http://eprint.iacr.org/2008/013.pdf"&gt;http://eprint.iacr.org/2008/013.pdf&lt;/a&gt;&lt;/p&gt;
384 &lt;p&gt;Daniel J. Bernstein, Niels Duif, Tanja Lange, Peter Schwabe, and Bo-Yin Yang.  &amp;quot;High-speed high-security signatures&amp;quot;.  Journal of Cryptographic Engineering 2 (2012), 77–89. : &lt;a class="reference external" href="http://eprint.iacr.org/2011/368.pdf"&gt;http://eprint.iacr.org/2011/368.pdf&lt;/a&gt;&lt;/p&gt;
385 &lt;p&gt;Robert Ransom, Review of ECC topics:
386 &lt;a class="reference external" href="http://www.ietf.org/mail-archive/web/cfrg/current/msg04375.html"&gt;http://www.ietf.org/mail-archive/web/cfrg/current/msg04375.html&lt;/a&gt;&lt;/p&gt;
387 &lt;p&gt;Watson Ladd, Additional Elliptic Curves for IETF protocols:
388 &lt;a class="reference external" href="http://tools.ietf.org/html/draft-ladd-safecurves-04"&gt;http://tools.ietf.org/html/draft-ladd-safecurves-04&lt;/a&gt;&lt;/p&gt;
389 &lt;p&gt;Cryptographic Modernization Program:
390 &lt;a class="reference external" href="https://en.wikipedia.org/wiki/Cryptographic_Modernization_Program"&gt;https://en.wikipedia.org/wiki/Cryptographic_Modernization_Program&lt;/a&gt;&lt;/p&gt;
391 &lt;p&gt;NSA Suite B Cryptography:
392 &lt;a class="reference external" href="https://en.wikipedia.org/wiki/NSA_Suite_B_Cryptography"&gt;https://en.wikipedia.org/wiki/NSA_Suite_B_Cryptography&lt;/a&gt;&lt;/p&gt;
393 &lt;/div&gt;
394 </summary></entry><entry><title>2月の集まり</title><link href="http://www.fsij.org/monthly-meetings/2014/Feb.html" rel="alternate"></link><updated>2014-02-19T13:19:00+09:00</updated><author><name>webmaster@fsij.org</name></author><id>tag:www.fsij.org,2014-02-19:monthly-meetings/2014/Feb.html</id><summary type="html">&lt;div class="section" id="www-gnu-org"&gt;
395 &lt;h2&gt;テーマ: www.gnu.orgの日本語訳について&lt;/h2&gt;
396 &lt;p&gt;開催日時 2014年2月26日(水曜日)18:30 〜 19:45&lt;/p&gt;
397 &lt;table class="docutils field-list" frame="void" rules="none"&gt;
398 &lt;col class="field-name" /&gt;
399 &lt;col class="field-body" /&gt;
400 &lt;tbody valign="top"&gt;
401 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;場所:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;東京体育館第四会議室&lt;/td&gt;
402 &lt;/tr&gt;
403 &lt;/tbody&gt;
404 &lt;/table&gt;
405 &lt;p&gt;GNUプロジェクト は今年、開始から30周年です。2012年より新体制でwww.gnu.orgのウェブサイトの日本語訳の作業を行い、この体制で3年目を迎えました。&lt;/p&gt;
406 &lt;p&gt;www.gnu.org の日本語訳について議論し、作業の改善をはかります。&lt;/p&gt;
407 &lt;p&gt;www.gnu.orgの翻訳作業の関係者だけでなく、GNUプロジェクトについて知りたい方、自由ソフトウェア運動に関心のある方、ほかの日本語翻訳に関係している方など、広く参加を募ります。&lt;/p&gt;
408 &lt;!-- BREAK --&gt;
409 &lt;/div&gt;
410 &lt;div class="section" id="id2"&gt;
411 &lt;h2&gt;概要&lt;/h2&gt;
412 &lt;p&gt;昨年を振り返り、今年の作業を検討します。&lt;/p&gt;
413 &lt;ul class="simple"&gt;
414 &lt;li&gt;昨年の改善&lt;ul&gt;
415 &lt;li&gt;「次に重要」の二つを日本語訳した(昨年1月の会合の時点で3個のこり)。&lt;/li&gt;
416 &lt;li&gt;古い翻訳はすべて PO 形式に移行した(昨年1月の会合の時点で6個)。&lt;/li&gt;
417 &lt;li&gt;「web をブラウズしてすぐに見えるところ」の3つは日本語訳を足した (昨年1月の会合の時点で3個)。&lt;/li&gt;
418 &lt;li&gt;「翻訳作業にとって重要」のREADME.translationsを日本語訳した。&lt;/li&gt;
419 &lt;/ul&gt;
420 &lt;/li&gt;
421 &lt;li&gt;昨年の作業&lt;ul&gt;
422 &lt;li&gt;japan/ 以下を www-ja のリポジトリに退避し、www.gnu.org からは削除した。&lt;/li&gt;
423 &lt;/ul&gt;
424 &lt;/li&gt;
425 &lt;li&gt;今年の新たな「次に重要」の二つ追加されたもの。&lt;ul&gt;
426 &lt;li&gt;Free Software Is Even More Important Now:
427 /philosophy/free-software-even-more-important.html&lt;/li&gt;
428 &lt;li&gt;How Much Surveillance Can Democracy Withstand?:
429 /philosophy/surveillance-vs-democracy.html&lt;/li&gt;
430 &lt;/ul&gt;
431 &lt;/li&gt;
432 &lt;/ul&gt;
433 &lt;/div&gt;
434 &lt;div class="section" id="id3"&gt;
435 &lt;h2&gt;参考リンク&lt;/h2&gt;
436 &lt;ul class="simple"&gt;
437 &lt;li&gt;GNU プロジェクト: &lt;a class="reference external" href="http://www.gnu.org"&gt;http://www.gnu.org&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
438 &lt;li&gt;日本語翻訳チーム: &lt;a class="reference external" href="http://savannah.gnu.org/projects/www-ja"&gt;http://savannah.gnu.org/projects/www-ja&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
439 &lt;/ul&gt;
440 &lt;/div&gt;
441 </summary></entry><entry><title>1月の技術講座</title><link href="http://www.fsij.org/monthly-meetings/2014/Jan.html" rel="alternate"></link><updated>2014-01-09T11:15:00+09:00</updated><author><name>webmaster@fsij.org</name></author><id>tag:www.fsij.org,2014-01-09:monthly-meetings/2014/Jan.html</id><summary type="html">&lt;div class="section" id="polarssl-gnupg"&gt;
442 &lt;h2&gt;テーマ: PolarSSL, GnuPG とその脆弱性対応&lt;/h2&gt;
443 &lt;p&gt;開催日時 2014年1月29日(水曜日)18:30 〜 19:45&lt;/p&gt;
444 &lt;table class="docutils field-list" frame="void" rules="none"&gt;
445 &lt;col class="field-name" /&gt;
446 &lt;col class="field-body" /&gt;
447 &lt;tbody valign="top"&gt;
448 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;場所:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;東京体育館第四会議室&lt;/td&gt;
449 &lt;/tr&gt;
450 &lt;/tbody&gt;
451 &lt;/table&gt;
452 &lt;p&gt;RSAの計算に関連した三つの脆弱性の問題について紹介し、その対策を討議します。
453 ひとつは PolarSSL で CVE-2013-5915 です。
454 ほかの二つは GnuPGの関連で CVE-2013-4242, CVE-2013-4576 です。&lt;/p&gt;
455 &lt;!-- BREAK --&gt;
456 &lt;/div&gt;
457 &lt;div class="section" id="id2"&gt;
458 &lt;h2&gt;話題提供&lt;/h2&gt;
459 &lt;ul class="simple"&gt;
460 &lt;li&gt;g新部 裕&lt;/li&gt;
461 &lt;/ul&gt;
462 &lt;/div&gt;
463 &lt;div class="section" id="id3"&gt;
464 &lt;h2&gt;概要&lt;/h2&gt;
465 &lt;p&gt;RSAの計算に関連して、秘密鍵の漏洩の危険が指摘された 2013年の脆弱性報告について紹介します。&lt;/p&gt;
466 &lt;p&gt;ひとつは PolarSSL (Gnuk に使われています)に対するもので CVE-2013-5915 です。
467 これは計算時間が入力により変わる性質を利用し、さまざまな入力を与えて、秘密鍵の情報を取得しようとするものです。オリジナルの PolarSSL では、対策として RSA Blinding が導入されました。
468 Gnuk の対応では、計算時間が入力により変わる性質をできる限り排除する対策を採られています。
469 この詳細を説明します。&lt;/p&gt;
470 &lt;p&gt;二つはGnuPGの関連で CVE-2013-4242, CVE-2013-4576 です。&lt;/p&gt;
471 &lt;p&gt;CVE-2013-4242は、Flush+Reload攻撃と呼ばれるもので、キャッシュの利用を横で観察することにより、秘密鍵の情報を取得しようとするものです。この対策として、秘密鍵のビットによらず、必ずダミーの計算を行うことが導入されました。しかし、この余分な計算でRSAの計算は遅くなってしまいました。なんというか「敗北」でしょう。&lt;/p&gt;
472 &lt;p&gt;この「敗北」から立ち上がり、攻撃を無効化しつつも計算を速くする失地回復の試みが g新部により提案され、結局、最新の GnuPG 1.4.16 と libgcrypt 1.6.0 は、速くなりました(脆弱性が指摘されたもともとのバージョンよりも速くなってます)。&lt;/p&gt;
473 &lt;p&gt;CVE-2013-4576 も、興味深い攻撃で、コンピュータから発せられる音で聞き分けることができるというものです。この音が入力により変わる性質を利用し、さまざまな入力を与えて、秘密鍵の情報を取得しようとするものです。&lt;/p&gt;
474 &lt;/div&gt;
475 &lt;div class="section" id="id4"&gt;
476 &lt;h2&gt;リンク&lt;/h2&gt;
477 &lt;p&gt;CVE-2013-5915:
478 &lt;a class="reference external" href="https://web.nvd.nist.gov/view/vuln/detail?vulnId=CVE-2013-5915"&gt;https://web.nvd.nist.gov/view/vuln/detail?vulnId=CVE-2013-5915&lt;/a&gt;&lt;/p&gt;
479 &lt;p&gt;PolarSSL and RSA Blinding:
480 &lt;a class="reference external" href="http://www.gniibe.org/memo/development/gnuk/polarssl/polarssl-rsa-blinding"&gt;http://www.gniibe.org/memo/development/gnuk/polarssl/polarssl-rsa-blinding&lt;/a&gt;&lt;/p&gt;
481 &lt;p&gt;CVE-2013-4242:
482 &lt;a class="reference external" href="http://web.nvd.nist.gov/view/vuln/detail?vulnId=CVE-2013-4242"&gt;http://web.nvd.nist.gov/view/vuln/detail?vulnId=CVE-2013-4242&lt;/a&gt;&lt;/p&gt;
483 &lt;p&gt;Flush+Reload: a High Resolution, Low Noise, L3 Cache
484 Side-Channel Attack:
485 &lt;a class="reference external" href="http://eprint.iacr.org/2013/448.pdf"&gt;http://eprint.iacr.org/2013/448.pdf&lt;/a&gt;&lt;/p&gt;
486 &lt;p&gt;possible mpi-pow improvement:
487 &lt;a class="reference external" href="http://lists.gnupg.org/pipermail/gcrypt-devel/2013-October/002435.html"&gt;http://lists.gnupg.org/pipermail/gcrypt-devel/2013-October/002435.html&lt;/a&gt;&lt;/p&gt;
488 &lt;p&gt;CVE-2013-4576:
489 &lt;a class="reference external" href="https://web.nvd.nist.gov/view/vuln/detail?vulnId=CVE-2013-4576"&gt;https://web.nvd.nist.gov/view/vuln/detail?vulnId=CVE-2013-4576&lt;/a&gt;&lt;/p&gt;
490 &lt;p&gt;RSA Key Extraction via Low-Bandwidth Acoustic Cryptanalysis:
491 &lt;a class="reference external" href="http://www.cs.tau.ac.il/~tromer/acoustic/"&gt;http://www.cs.tau.ac.il/~tromer/acoustic/&lt;/a&gt;&lt;/p&gt;
492 &lt;/div&gt;
493 </summary></entry><entry><title>12月の技術講座</title><link href="http://www.fsij.org/monthly-meetings/2013/Dec.html" rel="alternate"></link><updated>2013-11-12T17:08:00+09:00</updated><author><name>webmaster@fsij.org</name></author><id>tag:www.fsij.org,2013-11-12:monthly-meetings/2013/Dec.html</id><summary type="html">&lt;div class="section" id="id2"&gt;
494 &lt;h2&gt;テーマ: オレオレ電話局を作ってみた&lt;/h2&gt;
495 &lt;p&gt;開催日時 2013年12月2日(月曜日)18:30 〜 19:45&lt;/p&gt;
496 &lt;table class="docutils field-list" frame="void" rules="none"&gt;
497 &lt;col class="field-name" /&gt;
498 &lt;col class="field-body" /&gt;
499 &lt;tbody valign="top"&gt;
500 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;場所:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;東京体育館第四会議室&lt;/td&gt;
501 &lt;/tr&gt;
502 &lt;/tbody&gt;
503 &lt;/table&gt;
504 &lt;p&gt;自由なソフトウェアを利用したインターネット・テレフォニー環境について
505 デモを交えてお話します。&lt;/p&gt;
506 &lt;!-- BREAK --&gt;
507 &lt;/div&gt;
508 &lt;div class="section" id="id3"&gt;
509 &lt;h2&gt;話題提供&lt;/h2&gt;
510 &lt;ul class="simple"&gt;
511 &lt;li&gt;鈴木 裕信&lt;/li&gt;
512 &lt;/ul&gt;
513 &lt;/div&gt;
514 &lt;div class="section" id="id4"&gt;
515 &lt;h2&gt;概要&lt;/h2&gt;
516 &lt;p&gt;自由なソフトウェアを利用してのインターネット・テレフォニー環境を提供する
517 GNU Telephony Project(www.GNUTelephony.org)はGNUプロジェクトの中でも
518 重点的プロジェクトの1つです。&lt;/p&gt;
519 &lt;p&gt;今回は講演者が昨年から実験的に立ち上げているAsteriskや、Siproidや
520 Linphoneなどを利用して得た知見などについてお話します。会場では
521 Asterisk実験サーバte1.meの利用や運用などのデモも行います。&lt;/p&gt;
522 &lt;/div&gt;
523 </summary></entry><entry><title>GNUプロジェクトについて知るワークショップ (記録)</title><link href="http://www.fsij.org/monthly-meetings/2013/GNU30-Final-Program.html" rel="alternate"></link><updated>2013-10-03T00:13:00+09:00</updated><author><name>webmaster@fsij.org</name></author><id>tag:www.fsij.org,2013-10-03:monthly-meetings/2013/GNU30-Final-Program.html</id><summary type="html">&lt;ul class="simple"&gt;
524 &lt;li&gt;日時 2013年09月29日(日曜日)13:30 〜 18:50&lt;/li&gt;
525 &lt;li&gt;場所 レンタルスペース 糀屋箱機構 creator district cue702
526 &lt;a class="reference external" href="http://www.koujiyahakokikou.com/2010/09/creator-district-cue702_10.html"&gt;http://www.koujiyahakokikou.com/2010/09/creator-district-cue702_10.html&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
527 &lt;li&gt;住所 東京都渋谷区渋谷1-17-1 TOC第2ビル7階 702&lt;/li&gt;
528 &lt;li&gt;人数 応募合計 19名 / 当日 18名&lt;/li&gt;
529 &lt;/ul&gt;
530 &lt;p&gt;GNUプロジェクト30周年を記念して、FSIJでもワークショップ形式の集いを開催しました。
531 その記録です。&lt;/p&gt;
532 &lt;!-- BREAK --&gt;
533 &lt;div class="section" id="id1"&gt;
534 &lt;h2&gt;発表リスト&lt;/h2&gt;
535 &lt;ul class="simple"&gt;
536 &lt;li&gt;GNU宣言のg新しい日本語訳 : g新部裕&lt;/li&gt;
537 &lt;li&gt;「ハッカーは、クラッカーじゃない。」の30年 :  山根信二&lt;/li&gt;
538 &lt;li&gt;NSAのバックドアとフリーソフトウェア ( &lt;a class="reference external" href="http://h2np.net/docs/NSAandFreeSoftware.pdf"&gt;HS&lt;/a&gt; ) : すずきひろのぶ&lt;/li&gt;
539 &lt;/ul&gt;
540 &lt;ul class="simple"&gt;
541 &lt;li&gt;GNUは衰退しました :  八田真行&lt;/li&gt;
542 &lt;li&gt;GNUの読み方とGNUのロゴの日本語版 : g新部裕&lt;/li&gt;
543 &lt;li&gt;私が見てきたGNU --- とある雑誌編集者の回想 : 風穴江&lt;/li&gt;
544 &lt;li&gt;プログラミング言語 Ruby に GMP を組み込む ( &lt;a class="reference external" href="http://www.a-k-r.org/pub/2013-09-29-gnu-30th-akr.pdf"&gt;AKR&lt;/a&gt; ) : 田中 哲&lt;/li&gt;
545 &lt;/ul&gt;
546 &lt;ul class="simple"&gt;
547 &lt;li&gt;技術的希望リスト、過去、現在 : 引地信之&lt;/li&gt;
548 &lt;li&gt;GNUの読み方とGNUのロゴの日本語版 :  g新部 裕&lt;/li&gt;
549 &lt;li&gt;歴史のメタファを考える ( &lt;a class="reference external" href="http://h2np.net/docs/k2-fsij-workshop2013.pdf"&gt;K2&lt;/a&gt; ) : 岸田孝一&lt;/li&gt;
550 &lt;/ul&gt;
551 &lt;ul class="simple"&gt;
552 &lt;li&gt;自由ソフトウェアによるライブストリーミング ( &lt;a class="reference external" href="https://docs.google.com/presentation/d/1BzZZ12RqF_5nqj2CLp-9uZpTDnUURGBanvn6LJy0QPI/edit?usp=sharing"&gt;KNOK&lt;/a&gt; ) : 野首貴嗣&lt;/li&gt;
553 &lt;/ul&gt;
554 &lt;ul class="simple"&gt;
555 &lt;li&gt;Gnuk, GnuPG, そしてGNUプロジェクト : g新部 裕&lt;/li&gt;
556 &lt;li&gt;GCCプロジェクト史 : 小島 一元&lt;/li&gt;
557 &lt;li&gt;パネルディスカッション : これからの自由ソフトウェア運動について / 司会 風穴江 / パネラー  八田真行  山根信二  すずきひろのぶ&lt;/li&gt;
558 &lt;/ul&gt;
559 &lt;/div&gt;
560 &lt;div class="section" id="id2"&gt;
561 &lt;h2&gt;実施概要&lt;/h2&gt;
562 &lt;p&gt;ワークショップでの応募(ポジションペーパー必須)では11名の応募があった。
563 当日一名急病により欠席し、10名がプレゼンテーションを行った。
564 締め切った後、席に余裕があったので、観覧を募った所、8名の応募があった。&lt;/p&gt;
565 &lt;p&gt;各自のテーマに関してはプレゼンテーションを行い質疑応答を行った。
566 プレゼンテーション終了後にパネルディスカッション(40分)を行った。
567 会場の状況は自由なソフトウェアを用いて中継を行った。&lt;/p&gt;
568 &lt;p&gt;担当: FSIJ 鈴木 &amp;lt;hironobu-at-fsij.org&amp;gt;&lt;/p&gt;
569 &lt;/div&gt;
570 </summary><category term="GNU"></category><category term="GNU30"></category></entry><entry><title>10月の技術講座</title><link href="http://www.fsij.org/monthly-meetings/2013/Oct.html" rel="alternate"></link><updated>2013-10-01T11:16:00+09:00</updated><author><name>webmaster@fsij.org</name></author><id>tag:www.fsij.org,2013-10-01:monthly-meetings/2013/Oct.html</id><summary type="html">&lt;div class="section" id="automake"&gt;
571 &lt;h2&gt;テーマ: 業務で使うAutomake&lt;/h2&gt;
572 &lt;p&gt;開催日時 2013年10月30日(水曜日)18:30 〜 19:30&lt;/p&gt;
573 &lt;table class="docutils field-list" frame="void" rules="none"&gt;
574 &lt;col class="field-name" /&gt;
575 &lt;col class="field-body" /&gt;
576 &lt;tbody valign="top"&gt;
577 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;場所:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;東京体育館第四会議室&lt;/td&gt;
578 &lt;/tr&gt;
579 &lt;/tbody&gt;
580 &lt;/table&gt;
581 &lt;p&gt;飯田さんにAutomakeの業務での応用事例を伺います。&lt;/p&gt;
582 &lt;!-- BREAK --&gt;
583 &lt;/div&gt;
584 &lt;div class="section" id="id2"&gt;
585 &lt;h2&gt;話題提供&lt;/h2&gt;
586 &lt;ul class="simple"&gt;
587 &lt;li&gt;飯田 義朗&lt;/li&gt;
588 &lt;/ul&gt;
589 &lt;/div&gt;
590 &lt;div class="section" id="id3"&gt;
591 &lt;h2&gt;概要&lt;/h2&gt;
592 &lt;p&gt;Automakeを簡単に解説し、ソフトウェア導入の業務でAutomakeを使った実例についてお話しします。&lt;/p&gt;
593 &lt;/div&gt;
594 </summary></entry><entry><title>9月のイベントの結果</title><link href="http://www.fsij.org/monthly-meetings/2013/Sep-Result.html" rel="alternate"></link><updated>2013-09-30T10:47:00+09:00</updated><author><name>webmaster@fsij.org</name></author><id>tag:www.fsij.org,2013-09-30:monthly-meetings/2013/Sep-Result.html</id><summary type="html">&lt;div class="section" id="gnu-1"&gt;
595 &lt;h2&gt;テーマ: GNUプロジェクトについて知るワークショップ(1つの結果)&lt;/h2&gt;
596 &lt;table class="docutils field-list" frame="void" rules="none"&gt;
597 &lt;col class="field-name" /&gt;
598 &lt;col class="field-body" /&gt;
599 &lt;tbody valign="top"&gt;
600 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;日時:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;2013年09月29日(日曜日)13:30 〜 18:30&lt;/td&gt;
601 &lt;/tr&gt;
602 &lt;/tbody&gt;
603 &lt;/table&gt;
604 &lt;p&gt;GNUプロジェクト30周年のワークショップで、参加した一人が下記のチェック・リストを作成しました。&lt;/p&gt;
605 &lt;p&gt;これは大変に厳しい観点からのチェック・リストであり、一つでも○がつけば、喜んで良いと思います。
606 ○がつけられなくても悲観せずに、その方向に進む努力をしましょう。&lt;/p&gt;
607 &lt;p&gt;別の観点からは、GNUが実現して勝利したとは言えども、30年の間に脅威は増えつづけて現実もまた大変なことになっている、と再認識させられます。&lt;/p&gt;
608 &lt;!-- BREAK --&gt;
609 &lt;/div&gt;
610 &lt;div class="section" id="id2"&gt;
611 &lt;h2&gt;自由なコンピューティングってなによ?&lt;/h2&gt;
612 &lt;ul class="simple"&gt;
613 &lt;li&gt;自分のコンピューティングを自身で制御する&lt;/li&gt;
614 &lt;li&gt;コンピューティングに関して他の支配を受けない&lt;/li&gt;
615 &lt;/ul&gt;
616 &lt;div class="caution"&gt;
617 &lt;p class="first admonition-title"&gt;Caution!&lt;/p&gt;
618 &lt;p class="last"&gt;「できる」ということだけではありません&lt;/p&gt;
619 &lt;/div&gt;
620 &lt;/div&gt;
621 &lt;div class="section" id="id3"&gt;
622 &lt;h2&gt;あなたの暮らしはどれくらい、自由なコンピューティングとなっているか&lt;/h2&gt;
623 &lt;p&gt;GNUプロジェクトの目標と目的の観点から、チェックリストを作ってみました。&lt;/p&gt;
624 &lt;/div&gt;
625 &lt;div class="section" id="id4"&gt;
626 &lt;h2&gt;主なチェック・リスト&lt;/h2&gt;
627 &lt;ul class="simple"&gt;
628 &lt;li&gt;使うコンピュータは、 &lt;a class="reference external" href="http://h-node.org/"&gt;http://h-node.org/&lt;/a&gt; を見るなどして、自由を最大限に尊重するものを選ぶ。&lt;/li&gt;
629 &lt;li&gt;(不自由な)BIOSを入れ替えて、coreboot を入れている(coreboot がサポートされる製品を選んでいる)。&lt;/li&gt;
630 &lt;li&gt;OS は GNU を利用している。&lt;ul&gt;
631 &lt;li&gt;不自由なプログラムを含まない OS を利用する。&lt;/li&gt;
632 &lt;li&gt;不自由なプログラムをインストールしない。&lt;/li&gt;
633 &lt;li&gt;上記二つの目的を完全に達成するべく、自由なシステム・ディストリビューションの gNew Sense を使っている。&lt;/li&gt;
634 &lt;/ul&gt;
635 &lt;/li&gt;
636 &lt;li&gt;もちろん、カーネルも自由ソフトウェアを利用する。&lt;ul&gt;
637 &lt;li&gt;不自由なソフトウェアのデバイス・ドライバは使わない。&lt;/li&gt;
638 &lt;li&gt;不自由なソフトウェアのファームウェア (binary blob)をロードするデバイス・ドライバは使わない。&lt;/li&gt;
639 &lt;li&gt;上記二つの目的を完全に達成するべく、(たとえば) Linux Libre を使っている。&lt;/li&gt;
640 &lt;/ul&gt;
641 &lt;/li&gt;
642 &lt;li&gt;不自由なファイル・フォーマット、プロトコルを使わない。&lt;ul&gt;
643 &lt;li&gt;音声では、MP3は使わない。Ogg Vorbis を使います。&lt;/li&gt;
644 &lt;li&gt;動画では、Flash や MP4 は使わない。Ogg Theora を使います。&lt;/li&gt;
645 &lt;/ul&gt;
646 &lt;/li&gt;
647 &lt;li&gt;Webブラウザで、自由なコンピューティングを害する、「Webアプリ」を使わない。&lt;ul&gt;
648 &lt;li&gt;上記の目的を完全に達成するべく、JavaScriptは disable している。もしくは、LibreJS を使っている。&lt;/li&gt;
649 &lt;/ul&gt;
650 &lt;/li&gt;
651 &lt;li&gt;プライバシを尊重しないサービスは使わない。特に集中型を避ける。&lt;ul&gt;
652 &lt;li&gt;上記の目的のためのひとつとして、MediaGoblin を応援している。&lt;/li&gt;
653 &lt;/ul&gt;
654 &lt;/li&gt;
655 &lt;li&gt;「ワード添付」をしない。&lt;ul&gt;
656 &lt;li&gt;たとえそれを可能とする自由ソフトウェアがあったとしても、自分と同様の特定のアプリケーションを相手にも使わせる事を要求することを慎む。&lt;/li&gt;
657 &lt;/ul&gt;
658 &lt;/li&gt;
659 &lt;li&gt;サービスへの加入や登録を要請する Web を参照し、相手にもそのサービスを使わせる事を要求することを慎む。&lt;/li&gt;
660 &lt;li&gt;PDF を &amp;quot;Adobe PDF&amp;quot; と参照して、特定の会社の不自由なプログラムへリンクすることはしない。 &lt;a class="reference external" href="http://pdfreaders.org/"&gt;http://pdfreaders.org/&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
661 &lt;li&gt;本来必要のない形で利用者のプライバシを侵害する/自由を奪う、「Web アプリ」を使わない(例: 機械翻訳、交通経路探索)。&lt;ul&gt;
662 &lt;li&gt;手元にインストールして使うことができる(はず)のものを通信でもって提供する側のコンピューティングによって実現する必要が果たしてあるのか、いつも検討する。&lt;/li&gt;
663 &lt;/ul&gt;
664 &lt;/li&gt;
665 &lt;li&gt;最新のPCは使わない(使えない)。&lt;ul&gt;
666 &lt;li&gt;Secure Boot はユーザの自由を奪うものである。&lt;/li&gt;
667 &lt;li&gt;MPUへのマイクロコードのパッチは binary blob とみなさざるを得ない。&lt;/li&gt;
668 &lt;li&gt;メモルアクセスのための binary blob は、使わないとシステムが利用できないので、そういうシステムは使わない。&lt;/li&gt;
669 &lt;li&gt;ハードウェア乱数生成に関してハードウェアのバックドアの可能性を心配している。&lt;/li&gt;
670 &lt;/ul&gt;
671 &lt;/li&gt;
672 &lt;li&gt;「統合開発環境」にはだまされない&lt;ul&gt;
673 &lt;li&gt;歴史的に見れば開発環境による囲い込みは自由を奪う常套手段。&lt;/li&gt;
674 &lt;li&gt;Java Trap を忘れない。&lt;/li&gt;
675 &lt;li&gt;自由ソフトウェアの開発においては、開発環境も自由ソフトウェア、というのがあたり前になった。けれども...&lt;/li&gt;
676 &lt;li&gt;自由なハードウェア設計においては、この観点が忘れられがち。&lt;/li&gt;
677 &lt;/ul&gt;
678 &lt;/li&gt;
679 &lt;li&gt;著作権と自由ソフトウェアの関係は複雑である、と覚えている。&lt;ul&gt;
680 &lt;li&gt;自由ソフトウェアのためには、著作権を放棄すればよい、というものでもない。&lt;ul&gt;
681 &lt;li&gt;不自由なソフトウェアにも利用されてしまうから。&lt;/li&gt;
682 &lt;/ul&gt;
683 &lt;/li&gt;
684 &lt;li&gt;自由なソフトウェアを広めた自由ソフトウェアのライセンスは著作権に立脚している。&lt;/li&gt;
685 &lt;li&gt;著作権法の一部の DMCA と自由ソフトウェアは相容れない。&lt;ul&gt;
686 &lt;li&gt;&lt;a class="reference external" href="http://www.fsf.org/blogs/licensing/copyright-office-fails-to-protect-users-from-dmca"&gt;http://www.fsf.org/blogs/licensing/copyright-office-fails-to-protect-users-from-dmca&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
687 &lt;/ul&gt;
688 &lt;/li&gt;
689 &lt;/ul&gt;
690 &lt;/li&gt;
691 &lt;li&gt;特許は自由ソフトウェアの理念と両立しない、ことを忘れない。&lt;ul&gt;
692 &lt;li&gt;&lt;a class="reference external" href="http://endsoftpatents.org/"&gt;http://endsoftpatents.org/&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
693 &lt;/ul&gt;
694 &lt;/li&gt;
695 &lt;li&gt;DRMは自由ソフトウェアの理念と両立しない、ことを忘れない。&lt;ul&gt;
696 &lt;li&gt;インチキンドル(Swindle)は購入しない。&lt;/li&gt;
697 &lt;/ul&gt;
698 &lt;/li&gt;
699 &lt;li&gt;不自由なコンピューティングを強制する事につながるものを推奨しない。特に、近いところに勘違いしやすいものがあるので注意を喚起することを忘れない。&lt;ul&gt;
700 &lt;li&gt;Ubuntu は推奨しない。自由ソフトウェアの量が問題なのではない。&lt;/li&gt;
701 &lt;li&gt;GitHub は(不自由な)「Webアプリ」の使用が前提なので推奨しない。&lt;ul&gt;
702 &lt;li&gt;Gitorious, Savannah を使う。&lt;/li&gt;
703 &lt;/ul&gt;
704 &lt;/li&gt;
705 &lt;li&gt;RaspberryPi は推奨しない。&lt;ul&gt;
706 &lt;li&gt;安価なコンピュータだが、開発者/利用者に不自由なコンピューティングを強制する事につながる。&lt;/li&gt;
707 &lt;li&gt;Wandboard, Arduino を購入しよう。&lt;/li&gt;
708 &lt;/ul&gt;
709 &lt;/li&gt;
710 &lt;/ul&gt;
711 &lt;/li&gt;
712 &lt;/ul&gt;
713 &lt;/div&gt;
714 &lt;div class="section" id="id5"&gt;
715 &lt;h2&gt;他のチェック・リスト&lt;/h2&gt;
716 &lt;p&gt;かならずしも加点とはなりませんが、下記の観点もあるでしょう。&lt;/p&gt;
717 &lt;ul class="simple"&gt;
718 &lt;li&gt;FSFの賛助会員です。&lt;/li&gt;
719 &lt;li&gt;FaiF ( &lt;a class="reference external" href="http://faif.us/"&gt;http://faif.us/&lt;/a&gt; )を毎回聞いている(聞いたことがある)。&lt;/li&gt;
720 &lt;li&gt;Free Software Supporter &lt;a class="reference external" href="http://www.fsf.org/free-software-supporter/"&gt;http://www.fsf.org/free-software-supporter/&lt;/a&gt; を購読している。&lt;/li&gt;
721 &lt;li&gt;GNU Gear のファンで、ポロシャツやT-シャツの新しいデザインがでたらいつも買っている。&lt;/li&gt;
722 &lt;li&gt;FSF に行くときはドレスコードを遵守し、プロペラ帽をかぶって訪問する。&lt;/li&gt;
723 &lt;/ul&gt;
724 &lt;/div&gt;
725 &lt;div class="section" id="id6"&gt;
726 &lt;h2&gt;その他の観点&lt;/h2&gt;
727 &lt;ul class="simple"&gt;
728 &lt;li&gt;クレジットカードはできるだけ使わない。&lt;/li&gt;
729 &lt;li&gt;携帯電話は持っていない。&lt;/li&gt;
730 &lt;li&gt;国民ID、電子投票など、政府の行う電子化には賛成しない。&lt;/li&gt;
731 &lt;li&gt;A の会社のサービスで通販で買うことはない。&lt;/li&gt;
732 &lt;li&gt;もうひとつの A の会社の製品を買うことはない。&lt;/li&gt;
733 &lt;li&gt;F の会社のサービスで探しても、わたしのアカウントはありません。&lt;/li&gt;
734 &lt;li&gt;G の会社の一部の活動は評価に値するかもしれないが、その自由を奪うサービスを使うことはない。&lt;/li&gt;
735 &lt;/ul&gt;
736 &lt;/div&gt;
737 </summary></entry><entry><title>9月のイベント</title><link href="http://www.fsij.org/monthly-meetings/2013/Sep.html" rel="alternate"></link><updated>2013-09-02T10:24:00+09:00</updated><author><name>webmaster@fsij.org</name></author><id>tag:www.fsij.org,2013-09-02:monthly-meetings/2013/Sep.html</id><summary type="html">&lt;div class="section" id="gnu-updated"&gt;
738 &lt;h2&gt;テーマ: GNUプロジェクトについて知るワークショップ(updated)&lt;/h2&gt;
739 &lt;table class="docutils field-list" frame="void" rules="none"&gt;
740 &lt;col class="field-name" /&gt;
741 &lt;col class="field-body" /&gt;
742 &lt;tbody valign="top"&gt;
743 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;日時:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;2013年09月29日(日曜日)13:30 〜 18:30&lt;/td&gt;
744 &lt;/tr&gt;
745 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;場所:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;レンタルスペース 糀屋箱機構 creator district cue702
746 渋谷駅から徒歩5分
747 &lt;a class="reference external" href="http://www.koujiyahakokikou.com/2010/09/creator-district-cue702_10.html"&gt;http://www.koujiyahakokikou.com/2010/09/creator-district-cue702_10.html&lt;/a&gt;&lt;/td&gt;
748 &lt;/tr&gt;
749 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;住所:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;東京都渋谷区渋谷1-17-1 TOC第2ビル7階 702&lt;/td&gt;
750 &lt;/tr&gt;
751 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;人数:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;30名 (最大)&lt;/td&gt;
752 &lt;/tr&gt;
753 &lt;/tbody&gt;
754 &lt;/table&gt;
755 &lt;p&gt;GNUプロジェクト30周年を記念して、FSIJでもワークショップ形式の集いを開催します。
756 発表のエントリは締め切りましたが、オブサーバー参加が可能です。
757 希望の方はお申し込み下さい。&lt;/p&gt;
758 &lt;!-- BREAK --&gt;
759 &lt;/div&gt;
760 &lt;div class="section" id="id2"&gt;
761 &lt;h2&gt;概要&lt;/h2&gt;
762 &lt;p&gt;米国東部時間 1983年9月27日 12時35分59秒、日本時間 1983年9月28日 2時35分59秒にリチャード・ストールマンがUSENETのニュースグループnet.unix-wizards,net.usoftに &lt;a class="reference external" href="http://www.gnu.org/gnu/initial-announcement.ja.html"&gt;GNUプロジェクトの声明&lt;/a&gt; を投稿しました。GNUプロジェクトはそれから今までたゆまず続き、今年、30年周年を迎えることになりました。&lt;/p&gt;
763 &lt;p&gt;そこで、FSIJもGNUプロジェクト30周年を祝うべく、GNUに関心のある方々が集い、ワークショップ形式で、GNUプロジェクトのあれこれについて振り返りたいと思います。そこで9名の話者がGNUにちなんだ12テーマについて語ります。&lt;/p&gt;
764 &lt;/div&gt;
765 &lt;div class="section" id="id3"&gt;
766 &lt;h2&gt;プログラム&lt;/h2&gt;
767 &lt;p&gt;13:00  開場&lt;/p&gt;
768 &lt;p&gt;13:10 受付開始&lt;/p&gt;
769 &lt;p&gt;13:30 オープニング&lt;/p&gt;
770 &lt;ul class="simple"&gt;
771 &lt;li&gt;開会の挨拶 : 特定活動非営利法人 フリーソフトウェアイニシアティブ 理事長 g新部裕&lt;/li&gt;
772 &lt;li&gt;開催にあたって事務連絡等 : 特定活動非営利法人 フリーソフトウェアイニシアティブ 事務局長 鈴木裕信&lt;/li&gt;
773 &lt;/ul&gt;
774 &lt;p&gt;13:45-14:45 セッション1&lt;/p&gt;
775 &lt;ul class="simple"&gt;
776 &lt;li&gt;GNU宣言のg新しい日本語訳 : g新部裕&lt;/li&gt;
777 &lt;li&gt;「ハッカーは、クラッカーじゃない。」の50年 :  山根信二&lt;/li&gt;
778 &lt;li&gt;GPL2+ライセンスで開発しているAjhc Haskellコンパイラの現状 : 岡部究&lt;/li&gt;
779 &lt;li&gt;GNUは衰退しました :  八田真行&lt;/li&gt;
780 &lt;/ul&gt;
781 &lt;p&gt;14:45-15:00 休憩&lt;/p&gt;
782 &lt;p&gt;15:00-16:00 セッション2&lt;/p&gt;
783 &lt;ul class="simple"&gt;
784 &lt;li&gt;NSAのバックドアとフリーソフトウェア : すずきひろのぶ&lt;/li&gt;
785 &lt;li&gt;私が見てきたGNU --- とある雑誌編集者の回想 : 風穴江&lt;/li&gt;
786 &lt;li&gt;プログラミング言語 Ruby に GMP を組み込む : 田中 哲&lt;/li&gt;
787 &lt;li&gt;技術的希望リスト、過去、現在 : 引地信之&lt;/li&gt;
788 &lt;/ul&gt;
789 &lt;p&gt;16:00-16:15 休憩&lt;/p&gt;
790 &lt;p&gt;16:15-17:15 セッション3&lt;/p&gt;
791 &lt;ul class="simple"&gt;
792 &lt;li&gt;歴史のメタファを考える : 岸田孝一&lt;/li&gt;
793 &lt;li&gt;自由ソフトウェアによるライブストリーミング : 野首貴嗣&lt;/li&gt;
794 &lt;li&gt;Gnuk, GnuPG, そしてGNUプロジェクト : g新部 裕&lt;/li&gt;
795 &lt;li&gt;GCCプロジェクト史 : 小島 一元&lt;/li&gt;
796 &lt;/ul&gt;
797 &lt;p&gt;17:15-17:30 休憩&lt;/p&gt;
798 &lt;p&gt;17:30-18:30 パネルディスカッション&lt;/p&gt;
799 &lt;ul class="simple"&gt;
800 &lt;li&gt;(仮)これからの自由ソフトウェア運動について : TBD&lt;/li&gt;
801 &lt;/ul&gt;
802 &lt;p&gt;会場には若干まだ席がありますので、オブサーバー参加希望の方はお申し込み下さい。&lt;/p&gt;
803 &lt;/div&gt;
804 &lt;div class="section" id="id4"&gt;
805 &lt;h2&gt;オブザーバー参加申し込み&lt;/h2&gt;
806 &lt;p&gt;下記を記入の上  gnu30-at-fsij.org までお送りください。-at-は &amp;#64; マークに変えてください。 申し込みに関しては満席以外の場合は特にメールでの返事は致しませんので、よろしくお願いします。:&lt;/p&gt;
807 &lt;pre class="literal-block"&gt;
808 名前:
809 メールアドレス:
810 &lt;/pre&gt;
811 &lt;p&gt;担当: FSIJ 鈴木 &amp;lt;hironobu-at-fsij.org&amp;gt;&lt;/p&gt;
812 &lt;/div&gt;
813 &lt;div class="section" id="id5"&gt;
814 &lt;h2&gt;ボストンの本家でのイベント&lt;/h2&gt;
815 &lt;p&gt;GNUプロジェクト30周年のお祝いとハッカソン: &lt;a class="reference external" href="http://www.gnu.org/gnu30/celebration"&gt;http://www.gnu.org/gnu30/celebration&lt;/a&gt;&lt;/p&gt;
816 &lt;table class="docutils field-list" frame="void" rules="none"&gt;
817 &lt;col class="field-name" /&gt;
818 &lt;col class="field-body" /&gt;
819 &lt;tbody valign="top"&gt;
820 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;日時:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;9/28, 9/29&lt;/td&gt;
821 &lt;/tr&gt;
822 &lt;/tbody&gt;
823 &lt;/table&gt;
824 &lt;p&gt;日本時間では: 9/28の23:00から9/29の13:00。9/29の23:00から9/30の07:00。
825 RMSの挨拶は9/29 の06:00頃の予定 (中継ありの模様)。&lt;/p&gt;
826 &lt;p&gt;GNUプロジェクト30周年のページ: &lt;a class="reference external" href="http://www.gnu.org/gnu30/"&gt;http://www.gnu.org/gnu30/&lt;/a&gt;&lt;/p&gt;
827 &lt;/div&gt;
828 </summary></entry><entry><title>7月の技術講座</title><link href="http://www.fsij.org/monthly-meetings/2013/July.html" rel="alternate"></link><updated>2013-07-08T10:54:00+09:00</updated><author><name>webmaster@fsij.org</name></author><id>tag:www.fsij.org,2013-07-08:monthly-meetings/2013/July.html</id><summary type="html">&lt;div class="section" id="gnupg"&gt;
829 &lt;h2&gt;テーマ: GnuPG&lt;/h2&gt;
830 &lt;p&gt;開催日時 2013年07月14日(日曜日)18:30 〜 19:30&lt;/p&gt;
831 &lt;table class="docutils field-list" frame="void" rules="none"&gt;
832 &lt;col class="field-name" /&gt;
833 &lt;col class="field-body" /&gt;
834 &lt;tbody valign="top"&gt;
835 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;場所:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;東京体育館第三会議室&lt;/td&gt;
836 &lt;/tr&gt;
837 &lt;/tbody&gt;
838 &lt;/table&gt;
839 &lt;p&gt;GnuPG (GNU Privacy Guard)の開発の現況をリポートするほか、EZKSP (Easy KeySigning Party Protocol)による鍵の署名の証明のための情報交換をします。&lt;/p&gt;
840 &lt;p&gt;GnuPG (GNU Privacy Guard)の 2.0.20 が今年の5月10日にリリースされ、Gpg4winも5月31日にリリースされました。&lt;/p&gt;
841 &lt;p&gt;次期2.1シリーズの開発では、楕円曲線暗号のサポートが入っています。また、2.0.x シリーズの開発では、gpg-agent による ssh-agent サポートの機能に関してPutty のサポートが進んでいます。&lt;/p&gt;
842 &lt;!-- BREAK --&gt;
843 &lt;/div&gt;
844 &lt;div class="section" id="id2"&gt;
845 &lt;h2&gt;概要&lt;/h2&gt;
846 &lt;p&gt;GnuPGは、年一回くらいしかリリースされないので、忘れちゃっている/見落としている人もいるかと思いますが、新しいリリースが出ています。&lt;/p&gt;
847 &lt;p&gt;今回のリリースでは、特に、Gnuk Token の利用のための修正など、smartcardサポートのfixがいくつも入っているほか、日本語のメッセージの修正も行われています。&lt;/p&gt;
848 &lt;p&gt;Gnuk Tokenの開発の余波で、GnuPG の開発にも参加するようになった g新部が、いくつかの話題を話します。&lt;/p&gt;
849 &lt;/div&gt;
850 &lt;div class="section" id="ezksp-easy-keysigning-party-protocol"&gt;
851 &lt;h2&gt;EZKSP (Easy KeySigning Party Protocol)&lt;/h2&gt;
852 &lt;p&gt;また、
853 &lt;a class="reference external" href="http://mdcc.cx/gnupg/ezksp.html"&gt;EZKSP&lt;/a&gt; による鍵の署名の証明のための情報交換をします。&lt;/p&gt;
854 &lt;p&gt;近年、よく行われるKSP(Key Signing Party)では、コーディネータによる的確な事前の準備が必要で、また、参加者も、ファイルを事前に入手し印刷し、チェックサムを計算する必要があります。&lt;/p&gt;
855 &lt;p&gt;これは、より厳格に手順が定まっていてKSPのアセスメントがしやすく、手間も減らせてきちんと確認ができるという利点がありますが、準備が必要なこと、人手によるチェックサムの確認がMD5のころは短かくて(128-bit)SHA1まではなんとかできた(160-bit)がSHA2(256-bit or more)はもう集中力が続かなくて無理という場合もなくはない、などの問題があるかもしれません。&lt;/p&gt;
856 &lt;p&gt;なによりも、飛び入り参加がしにくい、その扱いが難しい、という欠点があります。&lt;/p&gt;
857 &lt;p&gt;今回のプロトコルは、わかりやすく、大人数でなければ手間もさほど問題にはなりません。&lt;/p&gt;
858 &lt;/div&gt;
859 &lt;div class="section" id="id3"&gt;
860 &lt;h2&gt;EZKSP に持ってくるもの&lt;/h2&gt;
861 &lt;ul&gt;
862 &lt;li&gt;&lt;p class="first"&gt;自分の鍵の情報の紙: 鍵のID、名前、フィンガープリントを印刷した紙(の短冊)を想定される人数分
863 たとえば、以下のようです(gpg --list-key --fingerprint &amp;lt;自分の鍵ID&amp;gt; の出力):&lt;/p&gt;
864 &lt;pre class="literal-block"&gt;
865 pub   2048R/4CA7BABE 2010-10-15
866       Key fingerprint = 1241 24BD 3B48 62AF 7A0A  42F1 00B4 5EBD 4CA7 BABE
867 uid                  NIIBE Yutaka &amp;lt;gniibe&amp;#64;fsij.org&amp;gt;
868 uid                  NIIBE Yutaka &amp;lt;gniibe&amp;#64;debian.org&amp;gt;
869 sub   2048R/084239CF 2010-10-15
870 sub   2048R/5BB065DC 2010-10-22
871 &lt;/pre&gt;
872 &lt;/li&gt;
873 &lt;li&gt;&lt;p class="first"&gt;自分の名前を証明するもの。User ID に英字を使っている場合はパスポート。&lt;/p&gt;
874 &lt;/li&gt;
875 &lt;/ul&gt;
876 &lt;/div&gt;
877 &lt;div class="section" id="id4"&gt;
878 &lt;h2&gt;今回のEZKSP (前提)&lt;/h2&gt;
879 &lt;p&gt;今回は鍵サーバの利用をデフォルトとします。&lt;/p&gt;
880 &lt;ul class="simple"&gt;
881 &lt;li&gt;鍵サーバに鍵があることが前提&lt;/li&gt;
882 &lt;li&gt;署名した鍵を署名した人が送信することが前提&lt;/li&gt;
883 &lt;/ul&gt;
884 &lt;p&gt;この前提を選択しない場合は、相手にその旨を伝えて、鍵を相手に送付してください。&lt;/p&gt;
885 &lt;/div&gt;
886 &lt;div class="section" id="id5"&gt;
887 &lt;h2&gt;EZKSP のやり方(事前準備)&lt;/h2&gt;
888 &lt;ul class="simple"&gt;
889 &lt;li&gt;持っていない場合は、鍵を作っておく。(gpg --gen-key)&lt;/li&gt;
890 &lt;li&gt;自分の鍵の情報の紙を印刷する。&lt;/li&gt;
891 &lt;/ul&gt;
892 &lt;/div&gt;
893 &lt;div class="section" id="id6"&gt;
894 &lt;h2&gt;EZKSP のやり方(現場)&lt;/h2&gt;
895 &lt;p&gt;だいたいのやりかた:&lt;/p&gt;
896 &lt;ul class="simple"&gt;
897 &lt;li&gt;机の回りにそれぞれ並びます。向き合った二人の優先順位(東が先とか)を決めておきます。&lt;/li&gt;
898 &lt;li&gt;自分の鍵と自分の名前を結びつけてもらうため、まず、自分の鍵の情報の紙を渡します。&lt;/li&gt;
899 &lt;li&gt;次に、自分の名前をパスポート(などで)確認してもらいます。&lt;/li&gt;
900 &lt;li&gt;相手の鍵に対して同じように。&lt;/li&gt;
901 &lt;li&gt;違う人とこれを繰り返します。&lt;/li&gt;
902 &lt;/ul&gt;
903 &lt;p&gt;「違う人とこれを繰り返す」のをシステマチックにもれなく全部効率よくやる場合は、参加者の半分のグループがひとつ隣に動く、というようにし、それで、その方法での組み合わせがすべて終わったら、再帰的に半分のグループのメンバー同士で同じように繰り返します。&lt;/p&gt;
904 &lt;/div&gt;
905 &lt;div class="section" id="id7"&gt;
906 &lt;h2&gt;EZKSP のやり方(現場での情報交換が終わった後)&lt;/h2&gt;
907 &lt;ul class="simple"&gt;
908 &lt;li&gt;鍵サーバから鍵のIDで鍵を入手します。(あるいはメールで送ってもらいます)&lt;/li&gt;
909 &lt;li&gt;現場でもらった紙と情報を確認します。(鍵のID、名前、フィンガープリントの一致)
910 (一致しない場合は署名しません。)&lt;/li&gt;
911 &lt;li&gt;署名します。(gpg --sign-key)&lt;/li&gt;
912 &lt;li&gt;相手に(gpg --encrypt --armor で)暗号メールを作成して送るか、(gpg --send-keys で)鍵サーバに署名した鍵を送ります。&lt;/li&gt;
913 &lt;/ul&gt;
914 &lt;/div&gt;
915 &lt;div class="section" id="id8"&gt;
916 &lt;h2&gt;ご注意&lt;/h2&gt;
917 &lt;p&gt;18:00 まで、同じ会議室でFSIJ総会をやってます。&lt;/p&gt;
918 &lt;/div&gt;
919 </summary></entry><entry><title>1月の勉強会</title><link href="http://www.fsij.org/monthly-meetings/2013/Jan.html" rel="alternate"></link><updated>2012-12-30T00:49:00+09:00</updated><author><name>webmaster@fsij.org</name></author><id>tag:www.fsij.org,2012-12-30:monthly-meetings/2013/Jan.html</id><summary type="html">&lt;div class="section" id="www-gnu-org"&gt;
920 &lt;h2&gt;テーマ: www.gnu.orgの日本語訳について&lt;/h2&gt;
921 &lt;p&gt;開催日時 2013年01月23日(水曜日)18:30 〜 20:30&lt;/p&gt;
922 &lt;table class="docutils field-list" frame="void" rules="none"&gt;
923 &lt;col class="field-name" /&gt;
924 &lt;col class="field-body" /&gt;
925 &lt;tbody valign="top"&gt;
926 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;場所:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;青山一丁目&lt;/td&gt;
927 &lt;/tr&gt;
928 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;参加登録URL:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;&lt;a class="reference external" href="http://atnd.org/events/35331"&gt;http://atnd.org/events/35331&lt;/a&gt;&lt;/td&gt;
929 &lt;/tr&gt;
930 &lt;/tbody&gt;
931 &lt;/table&gt;
932 &lt;p&gt;GNUプロジェクト はまもなく30周年となります。www.gnu.orgのウェブサイトの日本語訳の作業について議論し、作業の改善をはかります。&lt;/p&gt;
933 &lt;p&gt;www.gnu.orgの翻訳作業の関係者だけでなく、GNUプロジェクトについて知りたい方、自由ソフトウェア運動に関心のある方、ほかの日本語翻訳に関係している方など、広く参加を募ります。&lt;/p&gt;
934 &lt;!-- BREAK --&gt;
935 &lt;/div&gt;
936 &lt;div class="section" id="id2"&gt;
937 &lt;h2&gt;会場について&lt;/h2&gt;
938 &lt;p&gt;地下鉄銀座線青山一丁目から徒歩1分。
939 詳細については参加登録した方にメールで連絡します。&lt;/p&gt;
940 &lt;/div&gt;
941 &lt;div class="section" id="id3"&gt;
942 &lt;h2&gt;募集人数&lt;/h2&gt;
943 &lt;p&gt;12名&lt;/p&gt;
944 &lt;/div&gt;
945 &lt;div class="section" id="id4"&gt;
946 &lt;h2&gt;参加費用&lt;/h2&gt;
947 &lt;p&gt;無料&lt;/p&gt;
948 &lt;/div&gt;
949 &lt;div class="section" id="id5"&gt;
950 &lt;h2&gt;時間割&lt;/h2&gt;
951 &lt;ul class="simple"&gt;
952 &lt;li&gt;18:30 開場&lt;/li&gt;
953 &lt;li&gt;18:30~19:00 あいさつとwww.gnu.orgの保守について説明&lt;/li&gt;
954 &lt;li&gt;19:00~19:30 重要な用語について、ソースコード開示の公徳心について&lt;/li&gt;
955 &lt;li&gt;19:30~20:30&lt;ul&gt;
956 &lt;li&gt;この一年の作業のまとめ&lt;/li&gt;
957 &lt;li&gt;今後、一年くらいの作業の予定&lt;/li&gt;
958 &lt;/ul&gt;
959 &lt;/li&gt;
960 &lt;/ul&gt;
961 &lt;/div&gt;
962 &lt;div class="section" id="id6"&gt;
963 &lt;h2&gt;参加方法&lt;/h2&gt;
964 &lt;p&gt;参加希望の方は事前に登録ください。こちら: &lt;a class="reference external" href="http://atnd.org/events/35331"&gt;http://atnd.org/events/35331&lt;/a&gt;&lt;/p&gt;
965 &lt;/div&gt;
966 &lt;div class="section" id="id7"&gt;
967 &lt;h2&gt;参考リンク&lt;/h2&gt;
968 &lt;ul class="simple"&gt;
969 &lt;li&gt;GNU プロジェクト: &lt;a class="reference external" href="http://www.gnu.org"&gt;http://www.gnu.org&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
970 &lt;li&gt;日本語翻訳チーム: &lt;a class="reference external" href="http://savannah.gnu.org/projects/www-ja"&gt;http://savannah.gnu.org/projects/www-ja&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
971 &lt;/ul&gt;
972 &lt;/div&gt;
973 </summary></entry><entry><title>12月の勉強会</title><link href="http://www.fsij.org/monthly-meetings/2012/Dec.html" rel="alternate"></link><updated>2012-11-22T13:33:00+09:00</updated><author><name>webmaster@fsij.org</name></author><id>tag:www.fsij.org,2012-11-22:monthly-meetings/2012/Dec.html</id><summary type="html">&lt;div class="section" id="fst-01-gnupg"&gt;
974 &lt;h2&gt;テーマ: FST-01 をGnuPGで利用する&lt;/h2&gt;
975 &lt;p&gt;開催日時 2012年12月18日(火曜日)18:30 〜 20:30&lt;/p&gt;
976 &lt;table class="docutils field-list" frame="void" rules="none"&gt;
977 &lt;col class="field-name" /&gt;
978 &lt;col class="field-body" /&gt;
979 &lt;tbody valign="top"&gt;
980 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;場所:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;専修大学 神田キャンパス 1号館 4階 ゼミ43教室&lt;/td&gt;
981 &lt;/tr&gt;
982 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;参加登録URL:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;&lt;a class="reference external" href="http://atnd.org/events/34347"&gt;http://atnd.org/events/34347&lt;/a&gt;&lt;/td&gt;
983 &lt;/tr&gt;
984 &lt;/tbody&gt;
985 &lt;/table&gt;
986 &lt;p&gt;今回の勉強会では、参加者がFST-01を持参し、その使い方をステップ毎に学習する実習形式を取ります。Gnukの利用を中心とした実習となります。目標は、日々のGnuPGの利用にGnuk Tokenが利用できるようになることです。&lt;/p&gt;
987 &lt;!-- BREAK --&gt;
988 &lt;/div&gt;
989 &lt;div class="section" id="id2"&gt;
990 &lt;h2&gt;会場について&lt;/h2&gt;
991 &lt;table class="docutils field-list" frame="void" rules="none"&gt;
992 &lt;col class="field-name" /&gt;
993 &lt;col class="field-body" /&gt;
994 &lt;tbody valign="top"&gt;
995 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;住所:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8&lt;/td&gt;
996 &lt;/tr&gt;
997 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;URL:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;&lt;a class="reference external" href="http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/access/kanda_campus.html"&gt;http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/access/kanda_campus.html&lt;/a&gt;&lt;/td&gt;
998 &lt;/tr&gt;
999 &lt;/tbody&gt;
1000 &lt;/table&gt;
1001 &lt;/div&gt;
1002 &lt;div class="section" id="id3"&gt;
1003 &lt;h2&gt;募集人数&lt;/h2&gt;
1004 &lt;p&gt;12名&lt;/p&gt;
1005 &lt;/div&gt;
1006 &lt;div class="section" id="id4"&gt;
1007 &lt;h2&gt;参加費用&lt;/h2&gt;
1008 &lt;p&gt;無料&lt;/p&gt;
1009 &lt;/div&gt;
1010 &lt;div class="section" id="id5"&gt;
1011 &lt;h2&gt;時間割&lt;/h2&gt;
1012 &lt;ul class="simple"&gt;
1013 &lt;li&gt;18:30 開場&lt;/li&gt;
1014 &lt;li&gt;~19:00 FST-01のハードウェア概要&lt;/li&gt;
1015 &lt;li&gt;~20:00 Gnuk Tokenの使い方&lt;ul&gt;
1016 &lt;li&gt;アップグレード鍵の登録&lt;/li&gt;
1017 &lt;li&gt;パスワード設定、Personalization(名前などの登録)&lt;/li&gt;
1018 &lt;li&gt;鍵の生成と登録&lt;/li&gt;
1019 &lt;li&gt;GnuPGで利用する&lt;/li&gt;
1020 &lt;li&gt;OpenSSHで利用する&lt;/li&gt;
1021 &lt;/ul&gt;
1022 &lt;/li&gt;
1023 &lt;li&gt;~20:15 ファームウェアの更新&lt;ul&gt;
1024 &lt;li&gt;NeuGの使い方&lt;/li&gt;
1025 &lt;/ul&gt;
1026 &lt;/li&gt;
1027 &lt;/ul&gt;
1028 &lt;/div&gt;
1029 &lt;div class="section" id="id6"&gt;
1030 &lt;h2&gt;参加方法&lt;/h2&gt;
1031 &lt;p&gt;参加希望の方は事前に登録ください。こちら: &lt;a class="reference external" href="http://atnd.org/events/34347"&gt;http://atnd.org/events/34347&lt;/a&gt;&lt;/p&gt;
1032 &lt;/div&gt;
1033 &lt;div class="section" id="id7"&gt;
1034 &lt;h2&gt;注意事項&lt;/h2&gt;
1035 &lt;ul class="simple"&gt;
1036 &lt;li&gt;ノートパソコンを持参してください。&lt;/li&gt;
1037 &lt;li&gt;必要なソフトウェアは、事前に準備してから勉強会に参加してください.&lt;/li&gt;
1038 &lt;li&gt;ハードウェアFST-01の購入を希望する方については、希望者がメーカに事前に支払いをして、当日、勉強会の場で受け取れるようアレンジをします。参加登録のページで申し込みください。&lt;/li&gt;
1039 &lt;li&gt;FST-01以外のGnuk Tokenのボード(STBee Mini, STM8S Discovery Kitなど)を持参しての参加も歓迎します。&lt;/li&gt;
1040 &lt;/ul&gt;
1041 &lt;/div&gt;
1042 &lt;div class="section" id="id8"&gt;
1043 &lt;h2&gt;参考リンク&lt;/h2&gt;
1044 &lt;ul class="simple"&gt;
1045 &lt;li&gt;FST-01 Q &amp;amp; A: &lt;a class="reference external" href="http://no-passwd.net/askbot/questions/"&gt;http://no-passwd.net/askbot/questions/&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
1046 &lt;li&gt;Gnuk: &lt;a class="reference external" href="http://www.fsij.org/gnuk/"&gt;http://www.fsij.org/gnuk/&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
1047 &lt;li&gt;NeuG: &lt;a class="reference external" href="http://www.gniibe.org/memo/development/gnuk/rng/neug"&gt;http://www.gniibe.org/memo/development/gnuk/rng/neug&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
1048 &lt;li&gt;リポジトリ: &lt;a class="reference external" href="https://gitorious.org/gnuk"&gt;https://gitorious.org/gnuk&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
1049 &lt;li&gt;Gnu Privacy Guard: &lt;a class="reference external" href="http://www.gnupg.org/"&gt;http://www.gnupg.org/&lt;/a&gt;&lt;/li&gt;
1050 &lt;/ul&gt;
1051 &lt;/div&gt;
1052 </summary></entry><entry><title>10,11月の月例会</title><link href="http://www.fsij.org/monthly-meetings/2012/Oct.html" rel="alternate"></link><updated>2012-11-17T08:57:00+09:00</updated><author><name>webmaster@fsij.org</name></author><id>tag:www.fsij.org,2012-11-17:monthly-meetings/2012/Oct.html</id><summary type="html">&lt;div class="section" id="n-a"&gt;
1053 &lt;h2&gt;テーマ: N/A&lt;/h2&gt;
1054 &lt;p&gt;開催: なし&lt;/p&gt;
1055 &lt;p&gt;これまで会場として使っていた東京体育館が工事中のため、中止となります。&lt;/p&gt;
1056 &lt;/div&gt;
1057 &lt;div class="section" id="id2"&gt;
1058 &lt;h2&gt;今後の予定&lt;/h2&gt;
1059 &lt;p&gt;12月に開場を探して「自由ソフトウェア勉強会」を予定しています。&lt;/p&gt;
1060 &lt;/div&gt;
1061 </summary></entry><entry><title>9月15日(土)、Software Freedom Day 2012 と連動し開催するイベント</title><link href="http://www.fsij.org/monthly-meetings/2012/Sep.html" rel="alternate"></link><updated>2012-08-17T16:03:00+09:00</updated><author><name>webmaster@fsij.org</name></author><id>tag:www.fsij.org,2012-08-17:monthly-meetings/2012/Sep.html</id><summary type="html">&lt;div class="section" id="id1"&gt;
1062 &lt;h2&gt;テーマ: 自由ソフトウェアの「これまで・いま・これから」&lt;/h2&gt;
1063 &lt;p&gt;開催日時 2012年9月15日(土曜日)10:15 〜 15:45&lt;/p&gt;
1064 &lt;table class="docutils field-list" frame="void" rules="none"&gt;
1065 &lt;col class="field-name" /&gt;
1066 &lt;col class="field-body" /&gt;
1067 &lt;tbody valign="top"&gt;
1068 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;場所:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;専修大学 サテライトキャンパス&lt;/td&gt;
1069 &lt;/tr&gt;
1070 &lt;/tbody&gt;
1071 &lt;/table&gt;
1072 &lt;p&gt;Software Freedom Day 2012 は、自由ソフトウェアの啓発活動のため世界各地でイベントが行われる日です。特定非営利活動法人フリーソフトウェアイニシアティブ(以下 FSIJ)として活動を開始し、今年で10年を迎えました。そこで、これまでの自由ソフトウェアの活動を振り返り、未来への展望をテーマとし参加者と議論していきたいと思います。&lt;/p&gt;
1073 &lt;!-- BREAK --&gt;
1074 &lt;p&gt;また国内外のSFDイベントと連帯し、より広い自由ソフトウェア運動の輪を広げるイベントを目指します。&lt;/p&gt;
1075 &lt;/div&gt;
1076 &lt;div class="section" id="id2"&gt;
1077 &lt;h2&gt;会場について&lt;/h2&gt;
1078 &lt;table class="docutils field-list" frame="void" rules="none"&gt;
1079 &lt;col class="field-name" /&gt;
1080 &lt;col class="field-body" /&gt;
1081 &lt;tbody valign="top"&gt;
1082 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;住所:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;神奈川県川崎市多摩区登戸2130-2 アトラスタワー向ケ丘遊園2F&lt;/td&gt;
1083 &lt;/tr&gt;
1084 &lt;tr class="field"&gt;&lt;th class="field-name"&gt;URL:&lt;/th&gt;&lt;td class="field-body"&gt;&lt;a class="reference external" href="http://www.senshu-u.ac.jp/social/ra_tk/satellite/st_7.html"&gt;http://www.senshu-u.ac.jp/social/ra_tk/satellite/st_7.html&lt;/a&gt;&lt;/td&gt;
1085 &lt;/tr&gt;
1086 &lt;/tbody&gt;
1087 &lt;/table&gt;
1088 &lt;/div&gt;
1089 &lt;div class="section" id="id3"&gt;
1090 &lt;h2&gt;募集人数&lt;/h2&gt;
1091 &lt;p&gt;50名&lt;/p&gt;
1092 &lt;/div&gt;
1093 &lt;div class="section" id="id4"&gt;
1094 &lt;h2&gt;参加費用&lt;/h2&gt;
1095 &lt;p&gt;無料&lt;/p&gt;
1096 &lt;/div&gt;
1097 &lt;div class="section" id="id5"&gt;
1098 &lt;h2&gt;時間割&lt;/h2&gt;
1099 &lt;ul&gt;
1100 &lt;li&gt;&lt;p class="first"&gt;10:15 受付開始&lt;/p&gt;
1101 &lt;/li&gt;
1102 &lt;li&gt;&lt;p class="first"&gt;10:30-10:45 開催挨拶&lt;/p&gt;
1103 &lt;/li&gt;
1104 &lt;li&gt;&lt;p class="first"&gt;10:45-12:00 自由ソフトウェアのこれまで&lt;/p&gt;
1105 &lt;ul class="simple"&gt;
1106 &lt;li&gt;担当: すずきひろのぶ&lt;/li&gt;
1107 &lt;li&gt;これまでのFSIJの歴史と自由ソフトウェア運動を振り返ります。&lt;/li&gt;
1108 &lt;/ul&gt;
1109 &lt;/li&gt;
1110 &lt;li&gt;&lt;p class="first"&gt;12:00-13:00 休憩&lt;/p&gt;
1111 &lt;/li&gt;
1112 &lt;li&gt;&lt;p class="first"&gt;13:00-13:50 自由ソフトウェアのいま&lt;/p&gt;
1113 &lt;ul class="simple"&gt;
1114 &lt;li&gt;担当: g新部裕&lt;/li&gt;
1115 &lt;li&gt;現在の国内、国外の自由ソフトウェア運動を紹介していきます。&lt;/li&gt;
1116 &lt;/ul&gt;
1117 &lt;/li&gt;
1118 &lt;li&gt;&lt;p class="first"&gt;13:50-14:00 休憩&lt;/p&gt;
1119 &lt;/li&gt;
1120 &lt;li&gt;&lt;p class="first"&gt;14:00-15:20 自由ソフトウェアのこれから&lt;/p&gt;
1121 &lt;ul class="simple"&gt;
1122 &lt;li&gt;担当: 飯田義朗&lt;/li&gt;
1123 &lt;li&gt;これからの自由ソフトウェアの諸問題を議論していきます。&lt;/li&gt;
1124 &lt;/ul&gt;
1125 &lt;ul class="simple"&gt;
1126 &lt;li&gt;14:00-14:20 自由なネットワーク&lt;/li&gt;
1127 &lt;li&gt;14:20-14:40 自由なデータ&lt;/li&gt;
1128 &lt;li&gt;14:40-15:10 自由なハードウェアの設計&lt;/li&gt;
1129 &lt;li&gt;15:10-15:30 自由ソフトウェアを使った情報技術カリキュラム(大学編)&lt;/li&gt;
1130 &lt;/ul&gt;
1131 &lt;/li&gt;
1132 &lt;li&gt;&lt;p class="first"&gt;15:30 閉会挨拶&lt;/p&gt;
1133 &lt;/li&gt;
1134 &lt;/ul&gt;
1135 &lt;/div&gt;
1136 &lt;div class="section" id="id6"&gt;
1137 &lt;h2&gt;参加方法&lt;/h2&gt;
1138 &lt;p&gt;会場の収容人数に限りがあるため参加希望の方は事前に &amp;lt;sfd2012-ATND -at-sfd2012prep.fsij.org&amp;gt;までメールをお送りください。尚、問題がない場合は、こちらからは特にメールは送り返しませんのでご理解のほどよろしくお願いします。:&lt;/p&gt;
1139 &lt;pre class="literal-block"&gt;
1140 宛先: sfd2012-ATND -at- sfd2012prep.fsij.org
1141 タイトル: Software Freedom Day 2012 連動イベント参加希望
1142 名前:
1143 所属:
1144 &lt;/pre&gt;
1145 &lt;/div&gt;
1146 &lt;div class="section" id="id7"&gt;
1147 &lt;h2&gt;注意事項&lt;/h2&gt;
1148 &lt;p&gt;当日、自由ソフトウェアを使って会場から動画中継をします。映り込みなどしますので、それをご理解の上でご参加ください。&lt;/p&gt;
1149 &lt;/div&gt;
1150 &lt;div class="section" id="id8"&gt;
1151 &lt;h2&gt;連絡先&lt;/h2&gt;
1152 &lt;ul class="simple"&gt;
1153 &lt;li&gt;特定非営利活動法人フリーソフトウェアイニシアティブ&lt;/li&gt;
1154 &lt;li&gt;Software Freedom Day 2012 連動イベント&lt;/li&gt;
1155 &lt;li&gt;担当: 鈴木裕信&lt;/li&gt;
1156 &lt;li&gt;宛先: sfd2012desk-at-sfd2012prep.fsij.org&lt;/li&gt;
1157 &lt;/ul&gt;
1158 &lt;/div&gt;
1159 </summary></entry></feed>